ルイスポールセン
デンマークの照明器具メーカー「ルイスポールセン社」で、デザイナーの勉強会を行いました。

ルイスポールセン社は1874年にデンマークで設立されました。1920年代半ばより、気鋭のデザイナーで建築家でもあったポール・ヘニングセンとの協力関係を築き、照明器具の開発を開始したことが発展の基礎となりました。

b0088872_131865.jpg

b0088872_13182875.jpg

b0088872_1319524.jpg

b0088872_13192784.jpg


ルイスポールセン社の照明製品のコンセプトは、光の機能とデザインを美しく結びつけること。長いあいだルイスポールセン社が第一に取り組んできたのは、グレア(眩しさ)を抑え、光の反射や拡散をコントロールしながら光を空間にどう広げ、照らされる人や物をどうやって自然に、美しく見せるか、ということです。製品を構成するすべてのパーツに機能をもたせ、単なる外観・デザインのためのデザインは行ないません。

光のことを第一に考えた仕上げ、あるいは過酷な条件で永年の使用に耐える最良の素材を採用するなど、クラフツマンシップと最新のテクノロジーの両方が活かされています。

世界のトップメーカー、ルイスポールセン社の洗練された「灯り」を、
OKUTAデザイナーがご提案いたします。

お問い合わせは、LOHAS studioのインテリア・デザイナーまで。
[PR]
by Takumi-Yamamoto | 2008-03-01 13:29
<< LOHAS studio 軽井沢 『一日限りのアマゾンキャンペーン』 >>