しぇきにんしゃ(責任者)出て来い!
憲法第41条に、国会は、国権の最高機関であって、国の唯一の立法機関であると定めており、憲法65条では、行政権は内閣に属すると規定し内閣を、国家行政の最高機関と位置づけている。

にもかかわらず、昨日の民主党大会で政権与党の小沢幹事長は、「毅然として権力と闘う!」と言い、鳩山内閣総理大臣も「どうぞ闘ってください!」と述べた。

権力とは一体何を指すのだろうか。

政権与党第一党になっただけでは、この国の権力を掌握したことにはならないことだけは良くわかった。


               複雑な構造を抱えた国、日本。


人生幸朗・生恵幸子師匠なら、

「しぇきにんしゃ(責任者)出て来い!」

と唾を飛ばすだろう。


「(幸朗)浜の真砂は尽きるとも世にボヤキの種はつきまじと」
「(幸子)キザなこと言うな、このハナクソ!」
「(幸朗)わたしのこと、みなボヤキやあ、ボヤキやあ言うてねえ」
「(幸子)当たり前や。誰かて言わはるわ。ボケ!」
「(幸朗)しかし、みなさん、これは私がボヤクんやのうて、今の世の中が私をボヤかしまんねん」

そして
「まぁ皆さん聞いてください」・・・と続いて、


その先何をボヤクか聞いてみたいものだ。
[PR]
by Takumi-Yamamoto | 2010-01-17 15:26
<< 脱大量消費しかない 住宅版エコポイント >>