テレビ埼玉番組取材
テレビ埼玉の「きらめきいっぱいさいたま市」という番組の収録取材があった。
~暑い夏を乗り切る方法を伝授~家庭、企業での取り組み
レポーターは、モノマネタレントのホリさん。ホリさんもかつては広告代理店の営業をやっていたことがあるとか。なかなか面白かった!
b0088872_1574598.jpg


建築的な夏対策や様々な省エネの取り組み、本社に設置してある自然エネルギー(太陽光発電、太陽熱温水、小型風力)、家庭でできる工夫など。そして何といっても「超クールビズ」の取り組み、短パンの男性社員や屋上菜園の園芸部なども紹介!

ホリさん、「演芸部」ですか?とすかさず突っ込み入る。

オンエアーは7月3日(日)、10日(日)の朝10:45~テレビ埼玉にて!

埼玉県の方、ぜひご覧ください。
[PR]
# by Takumi-Yamamoto | 2011-06-09 15:18
LOHAS studio 横浜店5月7日グランドオープン!
国産家具で知られる「家具蔵」の家具を中心に、北欧家具・照明・雑貨でコーディネートされたLOHAS studio 横浜店が5月7日にグランドオープンいたします!
b0088872_11501886.jpg


国産家具のテイストと北欧を思わせる空間が見事に調和した店舗になっています。
b0088872_11505148.jpg

b0088872_1151845.jpg

b0088872_11513254.jpg


LOHAS studio横浜店のテーマは「Hygge(ヒュッゲ)」。
Hyggeとはデンマーク語で暖かさとか優しさ、心地よさを表す言葉です。
b0088872_11522959.jpg

b0088872_11524529.jpg


床や壁の素材感を感じていただけるように、室内はシンプル。そこに置かれるのは家具蔵(カグラ)が手掛ける国産家具。職人たちが手作りした国産家具と北欧の空間が調和して、お客様の心を動かすデザイン性と、まるで家の様な過ごしやすさを実現しました。

また、LOHAS Studio初の建材展示ブースも充実。実際の建材に触りながら検討することが可能な、LOHAS studio最大規模の店舗が横浜にオープンします。
b0088872_1153516.jpg


皆様のご来店をスタッフ一同お待ちしております。
b0088872_11532483.jpg

[PR]
# by Takumi-Yamamoto | 2011-05-06 11:55
復興支援in東北
明日より、Handyman.jpいわき支部の㈱志賀塗装社にて、復興支援活動としてHandyman.jpスタッフを派遣します。

今回志願してくれたスタッフは、熊谷店 小柳HM、HS横浜店 岩田HM、FC池袋店 佐々木オーナー、それと本部から稲村主任を含めた4名、活動期間は、4/17(日)~20(水)の4日間です。


活動内容は、現在志賀塗装社にて行っている地域住民宅の住宅修理が中心で、4チームに分かれて4日間で集中的に巡回修理を行っていく予定です。

また、今月7日からは、Handyman.jpFC仙台支部 ㈱スイコー社からの依頼で、仙台市青葉区のアウトレットモール駐車場に2名のHandyman.jpスタッフが、WFP国連世界食料計画からのイタリア製仮設テント(10m×24m)設営のため、約1カ月の予定で入ってくれています。

b0088872_11471215.jpg

b0088872_1147304.jpg

b0088872_11364076.jpg


スタッフは、三郷店 佐藤昭一HMとFC久喜店 大内進オーナーの2名です。

残ったスタッフは彼らの仕事を補完してあげてくださいね。
志願者のみんな、本当にありがとう!
[PR]
# by Takumi-Yamamoto | 2011-04-15 11:50
光合成細菌は凄い!
光合成細菌は地球ができた40数億年前、地球表面が200度以上、強い放射線と紫外線が降り注ぐ内で誕生した地球最初の原始生命体である。その環境下で、放射線や紫外線をエネルギー源(エサ)として摂取する微生物として知られている。光合成細菌は、農地の放射性物質汚染を浄化する有効な方法のひとつと考えられているが、内部被曝にも効果がある。

http://dndi.jp/19-higa/higa_40.php
[PR]
# by Takumi-Yamamoto | 2011-04-14 16:45
気仙沼ボランティア活動
4月3日、社員の結婚式に出席した後、深夜から、被災地宮城県気仙沼市へを支援物資を届けるボランティア活動に参加してきました。

これはJ-WAVE FMの「Heart to heart」という被災地支援のプロジェクトです。
http://www.j-wave.co.jp/blog/hearttoheart/

これにトランスシェアリングでお世話になっているウインローダーさんのトラックと同行したワンボックスに同乗させてもらって参加しました。

23時に新宿に集合し、蓮田インターで食事を摂って宮城に向かって出発しました。ワンボックスを運転してくれた関根さん、何とご両親がうちのお客さんでLC会員様だそうで、ちょっとびっくりです。
福島県内の高速がいたるところで波打っていて、とても快適なドライブとは行きませんが、東北道はすっかり全線開通していました。
b0088872_14431685.jpg

目的地は宮城県気仙沼市。ここは漁港が壊滅、船が火災を起こし海抜の低い住宅街も大きな打撃を受けた地域です。スーパーや商店がほぼやられ、助かった方々の多くが住宅難民となって買い物もできない状態でした。
b0088872_14445021.jpg

ここの住民の方々約1300人のための救援物資を運び込みました。
b0088872_14463449.jpg

森前林自治会館には地元の方々が詰めかており、早速物資を運びます。
我々ボランティア6名とウインローダーさんドライバー1名、そして地元の皆さんがリレーをしながら物資を会館へ運んで行きました。
b0088872_14474854.jpg

ドライバーの室岡さんは元自衛隊員、さすがにいい動きをしていましたねえ。室岡さん、ご苦労様でした!
b0088872_1448563.jpg

この少し高台の住宅地の一段下まで津波が来て、まさに天国と地獄の景色です。(下の畑に散乱した瓦礫が見えます。)
何でもない所と壊滅したところのコントラストがとても痛ましく、紙一重の差で生死を分けたのだと思います。住宅は地震そのものではほとんど被害は見られませんでしたから、まさに津波の被害です。
b0088872_14494858.jpg

運び込みが終わって町民の方々に見送っていただき、お礼に塩にぎりを頂きました。「いつか恩返しするからね!」という言葉が心に響きます。でも皆さん明るく、復興に向けて元気いっぱいでしたので、少し安心しました。皆さん、頑張ってくださいね!
b0088872_14514333.jpg


7日にはHandyman.jpの佐藤さんとFC久喜店の大内オーナーが仮設テントの設営で、約1ヵ月間仙台市青葉区へ入ります。二人とも身体に気を付けて頑張ってくださいね!

今後とも我々の出来る範囲で、息の長い支援をしていきたいと思います。
[PR]
# by Takumi-Yamamoto | 2011-04-05 14:54
アグリ・コミュニティービジネス
友人の大和田順子さんが、学芸出版より「アグリ・コミュニティービジネス」という本を出版されました。アマゾンなどでは来週から販売開始されます。

b0088872_14563424.jpg


その中の、◆chapter3──豊かな地域社会づくり、と◆おわりに、で小川町の紹介の事案の中でOKUTAが紹介されています。是非ご一読を!

本の紹介
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1280-4.htm
◆『アグリ・コミュニティビジネス』紹介

私が農山村を訪問するようになってまだ3年余りですが、東京生まれで
東京育ちからか、いずれの農山村やそこの人々は魅力に満ちていました。

農山村は資源の宝庫だと思いました。また、そこで農産物や自然、文化を活かした暮らしやビジネスを起こし、都市と農村の交流を促し、豊かで幸せな地域づくりをしている人達に出会いました。

その活動を「アグリ・コミュニティビジネス」と命名し、地域の課題を解決し、コミュニティづくりに取り組む企業、自治体、NPO、新規就農者など13の事例を紹介しています。

すでに、サステナブルな暮らし方にシフトしている人や地域ばかりでした!!

<目次>
◆chapter1──開墾に行こう!

1 「耕作放棄地・開墾スタディツアー」に参加する都市の人々
2 食糧危機への不安、自給に憧れる都市生活者
3 自産自消は楽しい
4 65歳を超えた農業者の平均年齢
5 マーケティング3.0

◆chapter2──自然資源を活かしたビジネスの新機軸

2・1 都市近郊の耕作放棄地50haを菜園に再生
   マイファーム(京都府京都市)

2・2 森で周年放牧された牛たちが、ゆったり草をはむ
   アミタ「森林ノ牧場 那須」(栃木県那須町)

2・3 農家、土壌、着る人の健康を考える―オーガニックコットンの草分け
   アバンティ(東京都新宿区)

2・4 植物の力を暮らしに活かす―ハーブのある生活を広めて30年
   生活の木(東京都渋谷区)

◆chapter3──豊かな地域社会づくり

3・1 都市農山村交流で限界集落の耕作放棄地を再生
    えがおつなげて(山梨県北杜市須玉町増富)

3・2 土づくり、人づくり、美しい里づくりで40年
    霜里農場(埼玉県小川町下里)

3・3 生物多様性を育み、地域づくりへつなげる
    コウノトリの野生復帰(兵庫県豊岡市)

3・4 おむすびが人と人の絆を育む
    ふゆみずたんぼ/鳴子の米プロジェクト(宮城県大崎市)

3・5 “根のある暮らし”の提案
    群言堂/他郷阿部家(島根県大田市大森町)

3・6 みどりの風が吹く“疎開”の町
    森のようちえん/森林セラピー(鳥取県智頭町)


◆chapter4──都市から移住した新規就農者たち

4・1 限界集落を女性パワーで“源快集楽”に!
    キノコハウス/西会津ローカルフレンズ(福島県西会津町)

4・2 大企業社員から転身、有機にこだわる山里の農的暮らし
    ひぐらし農園(福島県喜多方市)

4・3 三ツ星レストランの給仕長から有機農業事業の経営者に
    ビオファームまつき(静岡県富士宮市)

◆chapter5──アグリ・コミュニティビジネスの始め方
 
1 事業プランをデザインする
2 地域の資源
3 都市生活者のニーズ
4 独自性、物語性の検討―SWOT分析
5 4つのCで考える―多様な主体の協働で地域価値をつくる
6 その他のポイント

◆chapter6──農山村力ラ交流力でつむぐ幸せな社会
[PR]
# by Takumi-Yamamoto | 2011-01-28 15:00
グレートカンパニーの作り方
船井総合研究所、取締役常務執行役員五十棲剛史さんの新刊本(徳間書店)「グレートカンパニーの作り方」が発売中です。

b0088872_17314661.jpg


この中の第二章で、40頁余りに渡りOKUTAの変革について書かれています。


バランスのとれた「健全な会社」がどんどんダメになっている。

企業診断で合格点でも会社は伸びていない。

会社の成長とは何か?

グレートカンパニーに見られる10の要件とは?!


ぜひご一読ください!
[PR]
# by Takumi-Yamamoto | 2011-01-27 17:37
大阪梅田でフランチャイズ説明会開催!
2月16日に大阪梅田にて、生涯顧客化のためのHandyman.jp導入説明会を開催します。OKUTAではすでに10000世帯を超える加入数を誇る会員制度「LOHAS club」。
それを支えるHandyman.jpの仕組みをお伝えして、事業の安定とお客様との深いつながりを築くノウハウをご紹介します。

b0088872_1659284.jpg


リフォーム事業は今後、異業種からの新規参入や人口減少による影響でますます激化し顧客の争奪戦となります。しかしそれを打開する鍵は地域インフラを構築しお客様との永続的な関係性を保つことにあります。

優良顧客化の仕組みを構築するUser Support Systemとアフターメンテナンスを主軸に顧客との関係性を保つHandyman.jpの導入により、一人一人のお客様によりきめ細かいサービスを提供し、紹介やリピート工事の向上に繋がります。

今回のフランチャイズセミナーは資料ではお伝えしきれない、Handyman.jpの事業内容や仕組みについて詳しくお話をさせていただくセミナーです。

久しぶりの大阪開催となりますので、近隣の方々ぜひお越しください!
残席わずかとなりました!!

日時 平成23年2月16日 13:30~16:30
会場 新梅田研修センター
費用 無料

詳細はこちら↓
http://www.lohasgroup.jp/?p=1064
[PR]
# by Takumi-Yamamoto | 2011-01-27 17:06
天皇杯祝賀会
僕たちが有機無農薬米の買い支え支援をしている小川町の「下里農地・水・環境保全向上委員会」が、農水省の平成22年度豊かなむらづくり全国表彰事業において、関東ブロックで農林水産大臣賞、併せて、農林水産祭むらづくり部門で天皇杯(全国最優秀)を受賞し、昨日、小川町のリリックおがわにて、その祝賀会が行われました。

金子美登さん、生活工房「つばさ・游」の理事長の高橋優子さんと私
b0088872_1631152.jpg


祝賀会には、町長始め近隣の市長、議員さん、県庁の農業振興関連の職員の方々、商工会議所、JA関係から農水省の方々、そして篠原農水副大臣までもご出席され盛会でした。篠原副大臣も金子さんたちと共に、農水省の役人として30年有機農業の推進にご尽力してこられた方です。

小川町下里地区の有機農業は、様々な提携で支えられています。提携のお店や個人の生活者をはじめ、大豆を買い取る豆腐屋さん、麦を買い取る醤油屋さん、お米を買い取る酒造メーカーさんやリフォーム屋さん(OKUTA)などが地域の農業を支援し相互の信頼関係を築いています。そして、下里地区は全国でも初の、全農家が有機無農薬栽培に転換できた地区です。このような地域の循環型農業を、消費者の方々も地元企業も参加して守っていくという新しい取り組みがモデルケースとなって、全国に広がっていくことを願っています。

収穫目前の稲穂
b0088872_16343757.jpg

この地区に訪れる度に、美しくなっていくのには感動を覚えます。関東の方、一度訪れてみてください!
b0088872_1637688.jpg

[PR]
# by Takumi-Yamamoto | 2010-12-27 16:37
グリーンな仲間たち、多彩なゲスト続々!
僕がパーソナリティーをつとめるインターネットラジオ「グリーンな仲間たち」、配信中です。

b0088872_11241493.jpg

http://greennanakamatachi.seesaa.net/article/172105305.html

多彩なゲストのLOHASトークをお楽しみください。バックナンバーからももちろん聞けます!

■オーガニック料理研究家 南清貴さま

■ロハスビジネスアライアンス代表 大和田順子さま

■著書『捨てる技術』100万部ヒット 辰巳渚さま

■ハーブ関連アイテム・生活の木 代表取締役 重永忠さま
 (12月配信中)

■オーガニックコットン・アバンティ 代表取締役 渡邊智恵子さま
 (1月配信予定)

■マクロビオテック料理研究家 ブラウンズフィールド主宰 中島デコさま
 (2月配信予定)
[PR]
# by Takumi-Yamamoto | 2010-12-12 11:31