<   2009年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧
植樹祭
29日の日曜日、オクタも団体会員になっている埼玉森林サポータークラブと埼玉土地改良連合会が主催する植樹祭に、弊社スタッフが参加しました。

b0088872_12414960.jpg


場所は埼玉県長瀞町の宝登山です。急峻な頂の一定範囲で針葉樹を皆伐し、コナラ、カエデ、ヤマグリ、ヤマモミジ、オオヤマザクラなど広葉樹11種
900本を植林しました。


眼下に長瀞の町が見える
b0088872_12422773.jpg

b0088872_12425453.jpg


参加人数は一般参加者含めて約200人と多くの方々が参加され、4グループに分かれて作業をしました。


落葉広葉樹を植えることで落ち葉は腐葉土になって豊かな土になり、また多くの貯水力を持つことが出来るし、広葉樹の花や果実に多くの動物が集まってきて、多様な生態系を作り出していきます。


間伐にせよ植林にせよ、急な斜面での作業はかなり大変だと、参加したスタッフが話してくれました。高齢化する林業従事者だけでなく、一般の若い力がこのような活動にどんどん参加していくことが、次世代の子供たちに豊かな自然を残していくことにつながるのでしょう。

参加スタッフ、お疲れ様でした!

b0088872_12443226.jpg
       工務部のO部長、さすがに低重心で安定感あります!
[PR]
by Takumi-Yamamoto | 2009-03-31 12:49
スマイルペットシャンプー
オクタ仕様のニカワや自然塗料のメーカーさんであるシオン石川社長が、自然素材製品の技術を活かし、ペットシャンプーを開発されています。

b0088872_15254295.gif

b0088872_1526445.jpg


自然素材由来成分にとことんこだわり、しかも昔から天然の洗浄+保湿成分と言われた「米ぬか成分」とペットの肌を整え、皮膚を保護する「繭の成分」が含まれたペットにとってうれしい、あんしん、あんぜんなシャンプーです。

ペットのふけ、湿疹、アトピー性皮膚炎にお悩みの方にぜひおすすめのペットシャンプーです。

東急ハンズ新宿店でも販売していますが、通販でももちろん買えますよ。
http://www.xion.co.jp/pet/index.html



                    実は、僕もこのシャンプー使ってます(笑)
[PR]
by Takumi-Yamamoto | 2009-03-30 15:31
畑つきエコアパート
先日さいたまCSRフォーラムで、NPOで環境活動をされている平田裕之さんと何年かぶりにお会いしました。

その時は、足立グリーンプロジェクトの河川浄化活動のフォーラムだったと思いますが、その後も身近なところから環境を考えて活動されています。

その活動の中でとっても素晴らしいのが、「畑つきエコアパート」。
こんなアパートが全国にあれば素敵な国になるよね!


その模様がこんな本で出ていますのでみなさん必読です!
b0088872_1529374.jpg


東京足立区に2007年11月完成した畑つきエコアパート「花園荘」。
「エコアパ」ブログはこちらから
http://blog.canpan.info/eco-apa/


コミュニティガーデンを運営するNPOの代表と、自然住宅を得意とする建築家とが、エコとアパートビジネスの両立という難問に知恵を絞り合い、下町気質の工務店率いるプロ集団の技を得て作り上げてきました。

自然が元々持っている力を最大限に引き出してヒトの五感を呼び覚ましていく設計は極めてシンプル。

夏の日差しは庇とバルコニーが遮り、冬は、大きく取った南面の窓からたっぷり熱を取り入れ、さらに土間に蓄熱。ソーラーシステムそよ風が室内の空気を循環させて快適空間を創り出しています。各戸と共有スペースに雨タンクが設置され雨水利用の工夫も。

室内外の温度・湿度や、電気・ガスの使用量が一目でわかり、住まい手を省エネに導く注目のエコライフ情報システムEcoLIVESも各戸に装備されています。

畑には、自然の恵みを分かち合い時には小さな衝突も肥やしにして生まれてくるコミュニティの力への期待がこめられています。単なるエコの積み重ねではなく、環境に働きかけ人も育てる「広がりのあるエコ」を目指したプロジェクトの記録です。


共感しますね!!

「広がりのあるエコ」
[PR]
by Takumi-Yamamoto | 2009-03-28 15:27
カタクリの花
春を告げるカタクリの花を、小川町に見に行ってきました。

b0088872_12415730.jpg


カタクリは、落葉広葉樹の林床に群生する薄紫色の可憐な花で、ちょうどこの時期桜より少し早く春を告げる花として、かつては各地で見られました。


僕も休みの日に花を見に行く歳になったかと、自分も家内も驚いている次第です。



29日(日)、カタクリ祭りが開催されますので、小川町近郊の方でお時間のある方はぜひどうぞ。



今埼玉県では各地で間伐して落葉広葉樹を植林する活動が進んでいますから、美しい里山が復興してカタクリが群生できるような多様な生態系が蘇ってくることでしょう。


帰りにお隣の都幾川に寄って、とうふ工房わたなべのお豆腐を買って帰りました。国産有機無農薬大豆で作るこだわりの豆腐屋さんです。

顔の見えるご商売にこだわるポリシーが素敵で、大人気の豆腐屋さんです。

ここの豆乳ソフトクリームは醤油を掛けて食べるのですが、これが絶品!!

とうふ工房わたなべはこちら
[PR]
by Takumi-Yamamoto | 2009-03-26 12:49
さいたまCSRフォーラム2009 
CSRとはCorporate Social Responsibilityの略で、日本語では「企業の社会的責任」と訳されることが多いようですが、今や企業のみならず、NPOやNGOなども含めたすべての組織の社会的責任(SR)を考える時代になってきました。

昨日、地元さいたま市の「ハンズオン埼玉」主催のCSRフォーラムに参加しました。
http://www.hands-on-s.org/blog/


 **********************
    さいたまCSRフォーラム2009 
  ………………………………………
    企業 と NPOの 新しい協働

  大不況の最中、派遣切りに環境問題、毎日暗くなる事件ばかり。
  これまでの利益重視の経済システムから、
  人と人の結びつきを基軸にすえた社会へのパラダイムシフトが
  ますます注目されるCSR新時代。
  地域をよくしたいという企業とNPOがいっしょになって、
  “みらいのかいしゃ”について考えたいと思います。

 ***********************


どうやら今の政治は、大資本、外国資本、官僚保護の為にあるようで、我々庶民の生活に密着した部分には何ともざっくりとしたケアーしかされないようです。

であるならば、それぞれの地域みんなで「良い社会」にするために、企業やNPOの皆さんや個人が出来ることを少しずつ実行していくことで少し前に進みますから、そうやって自分たちで前進して行くしかないようです。

このところ、NPOの方々のお力を借りることが多くなってきましたが、良い街づくりや幸せな暮らしというものは、そもそも事業活動や行政から与えてもらうものではないということを学びます。

次の時代は、マネタリー経済とボランタリー経済がほどよくバランスする社会がくるのだと思っています。(事業活動と消費活動だけでは、決して心が満たされない。)


CSRなど難しい概念ではなく、困った問題をみんなで解決しよう!とか、こうなればもっと気持ちがいい!という素直な思いから、隣の人とそのことについてまずは話し始めることなんだと、気づかせていただきました。
[PR]
by Takumi-Yamamoto | 2009-03-20 16:46
チャンピオンズ
明日、19日夜7時からテレビ東京「チャンピオンズ」2時間特番で、
“住宅リフォーム王がモノを捨てない収納リフォーム”に挑む!!がオンエアーされます。


これまでTVチャンピオンで実績のある方々が、世界中の悩む人々を救うという企画。
今回のテーマは「片付けられない主婦を救う!」というもの。

皆さんも心当たりあるでしょう?

友人の一級建築士事務所 雅クリエイト代表 原 雅之さんがリフォーム王として出演されます。
http://www.miyavi-create.com/

ナイスガイ原さん、どんなアイディアで問題解決するのか楽しみです。


みなさん、ぜひご覧下さいね!!
[PR]
by Takumi-Yamamoto | 2009-03-18 18:10
スーパーホテルLOHAS JR奈良オープン
スーパーホテル様の88店舗目「スーパーホテルLOHAS JR奈良」が、JR奈良駅に隣接する好立地に本日オープン、おめでとうございます!

b0088872_1824983.jpg


昨日はその落成披露式に参加させていただいた。

奈良県知事、地元選出の議員さん、JR西日本の取締役などのご挨拶のお言葉に、LOHASという言葉が頻繁に登場し、県を挙げて、地産地消や健康的で持続可能な取り組みを推進して遷都1300年を盛り上げて行こうという熱気が感じられる式であった。
b0088872_187228.jpg



奈良は、47都道府県中下から2番目にホテルや旅館の少ない県だそうで、それだけにスーパーホテル様の開業には、注目が集まっていたことだろう。


最上階の10階客室に、弊社の珪藻土をご採用いただいており、嬉しいことにその10階フロアーが内覧開場となっていた。

ホテルで一番頭を悩ませるのが「臭い」だそうで、山本会長が弊社珪藻土の脱臭効果を高く評価してくださって採用となった経緯がある。

7種類の枕、天然温泉、地元野菜を使った健康朝食、ダブルサイズの広いベッド、安眠を促すオリジナル音楽など、随所にオリジナリティーを演出ししかも7000円を切る低価格。
b0088872_184743.jpg

b0088872_184363.jpg

b0088872_1845587.jpg


まさに低価格高品質で、しかもインドの風力発電へカーボンオフセットしているとのこと。


近未来型のコンセプトを着実に実行されるスーパーホテル様の誠実さには、いつも驚くばかりである。

我々同様に「LOHAS」という上位概念をトップが意思決定すれば、限りなくアイディアが沸いてくるのだ。


オクタもやらなければいけないことが、まだまだ山ほどある。
[PR]
by Takumi-Yamamoto | 2009-03-13 18:11
学ぶ姿勢
今日はLOHAS GROUP会員企業の、福島県いわき市志賀塗装株式会社様と福岡県古賀市株式会社長崎材木店様が、それぞれコールセンターと施工監理の体験研修に来られている。

両社とも地元ではナンバーワンの企業様だ。


リフォーム業界の経営者は皆さん勉強熱心な方が多く、様々な勉強会やセミナーなどに参加されているが、問題は現場スタッフとの温度差だろう。
だから今回のように社員さんが直接学びに来られることは、とても良いことだと思う。


社長がセミナーから帰ってきて、いきなり新しいことを言い出しても、スタッフには何のことかさっぱり伝わらないということが多い。

方向性の決定、時間軸の計画、実務オペレーション策定、現場スタッフへの落とし込み、、キックオフ、検証という手順を経ないと、思いつきのように何かを始めても持続しないものだ。



伸びる企業様の成長努力や学ぶ姿勢を見習って、我々もまた、自社に足りないところは様々な会社様に勉強に行かせていただきたいと改めて思う。
[PR]
by Takumi-Yamamoto | 2009-03-09 16:00
CSA
CSAとは、Community Supported Agriculture(コミュニティー・サポーテッド・アグリカルチャー) の略で、一般には「地域が支える農業」という意味だが、最近では広く消費者や販売者などが、生産者と連携あるいは生産者を支援し、自分たちの食糧生産に自分たちも積極的にかかわる、という意味まで含む使われ方をするらしい。


いまや世界40カ国以上に広がったCSAは、実は1960年代ごろ、日本発の提携(TEIKEI)という地産地消の形がプロトタイプとなってアメリカに渡り世界に広まっていった。だからCSAで検索すると、英語の論文の中にTEIKEIという日本語が数多く出てくる。


今年の1月、このブログでご紹介した埼玉県小川町霜里農場の金子さんの有機農家グループの方たちと打ち合わせを重ね、3月からCSAの仕組みを一緒に始めることになった。20年度の有機無農薬コシヒカリ1.8tをオクタが一括購入し社員に販売して支援する。


何より、安全安心でおいしい米を景気や経済事情や流通業者に左右されず調達するには、農家との信頼関係を築いて直取引するのが一番。
(週刊ダイヤモンド、2/28号に金子さんの記事掲載)

この買い支えが生産者の勇気となって下里地区全戸有機農家になれば、これは日本初の「有機の里」となるのだ!!

金子さんの38年の悲願が叶う。


作家野坂昭如さんが戦時中の飢餓で妹さんを亡くされた話は「火垂るの墓」で有名だが、野坂さんは出版社編集者との打ち合わせ時にも、ご馳走にはずっと手をつけなかったという話や契約農家に米を作ってもらっているという話を聞き、それ以来「米」との関係は、僕の心に突き刺さったままだった。

だから90年代、リフォーム相談会に「お米券」を全社でプレゼントとして配って、自分ひとりだけ食糧自給率を上げるぞ!と吠えていたが、当時誰にも理解されず・・・


社員の「職」と「食」を守り、これが生産者の「勇気」となって「有機」がさらに広がっていけば、ラッパーの歌詞並みに韻を踏んだ、イケテル活動になる!


オクタ「こめまめプロジェクト」スタート!!
[PR]
by Takumi-Yamamoto | 2009-03-07 16:34
グリーン天職バイブル
b0088872_14212332.jpg



環境と社会貢献と「志」のビジネス情報誌「オルタナ」が、別冊「グリーン天職バイブル」を発売する。


これは103社の企業経営者自らが、環境活動、社会貢献、志について、広告ではなく本音の記事として熱く書いた、前代未聞の就職ガイドだ。

詳しくは
http://www.alterna.co.jp/job/index.html


就職・転職情報誌としての新しい「モノサシ」を作ろうと、森編集長自らが企画立案したもの。


企業の資本力と情報量が比例している現代において、企業の広告宣伝量と社会的価値が不一致を起こしているなかで、このような勇気ある企画を実行できるオルタナという雑誌の存在は凄い。


若者よ、親も知らないような「いい会社」を見つけようじゃなか!



3月12日発売!!

全国の主要書店、アマゾンほか。定価1000円(税込)

[PR]
by Takumi-Yamamoto | 2009-03-05 14:53