<   2008年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧
「報道の半分は明るいニュースに」ルーマニア

ルーマニアの上院議会で以下のような法案が可決された。

----------------------------------------------------------------------------------
【6月26日 AFP】ルーマニアの上院議会は25日、国内のテレビ・ラジオ局に「明るい」ニュースと「暗い」ニュースを同じ割合で放送することを義務付ける法案を、全会一致で可決した。法案はトライアン・バセスク大統領の承認を受け施行される。

この法案は超党派の動きで、暗いニュースが国民の健康や生活に与える「取り返しのつかない影響」を憂えた与党・国民自由党と野党・大ルーマニアの2人の上院議員が提出した。

法案の目的は「社会全体の雰囲気を向上させ、日常生活において、精神的・感情的にバランスのとれたものの見方をする機会を国民に提供する」ことだという。
----------------------------------------------------------------------------------


共産党政権時代は報道規制が当たり前の国だっただけに、このような発想が出てくるのかもしれないが、とても興味深いニュースだと思う。


現状を悲観した閉鎖的な会合に出るのと、希望に満ちたチャレンジングな人たちの集まりに出るのとでは、明らかに心の持ちようが違う。
世の中には、素晴らしい活動や考え方をしている人や団体が点在しているにもかかわらず、そのことが一般に知られていくことはすごく少ない。


昨日参加した、ガーナの子供たちを支援するイベント、「ピースクエスト2008」はまさにそんなイベントだった。
b0088872_9273293.jpg

我が家では、娘、妻、母が来てくれて、こういう活動に触れられたことに感動していたようだった。

勉強したくても鉛筆やノートさえない子供たちが世界中にたくさんいる。
しかし、このことをテレビで見ただけでは何も心には響いてこない。


フィナーレで「We are the world」をガーナの方たちや会場のみんなと大合唱しながら、

少しだけクインシー・ジョーンズになっていた(笑)
[PR]
by Takumi-Yamamoto | 2008-06-29 17:07
オーガニックモール「ecomo」7月1日オープン!
湘南をLOHASな街へ

湘南、辻堂にオーガニックレストラン、フェアトレード商品、自然食品、エコ雑貨などのオーガニックモール「ecomo」が7月1日にオープンする。

ここは我々の仲間のリフォーム会社、ミワランドの中堀社長の構想を形にしたオーガニックモールだ。ここではレストランや商品販売のみならず、様々なカルチャー教室やエココミュニティーの場として新たな拠点になる。

b0088872_18454619.jpgb0088872_18461592.jpg

b0088872_1847419.jpgb0088872_18474124.jpg





昨日はそのプレオープンイベントがあり、LOHASに関係する様々な方々が招かれていた。
いまやLOHASビジネスは、従来の垣根を越えて360度に広がり始めた。
僕たちの活動も農業や食物、カルチャー、カーボンオフセットなど、衣食住が有機的につながって来ている。

改めて「暮らす」という生命の基本を見直して再構築するタイミングだと痛感する。
生産効率だけを追いかけた、業界縦割りの時代はもはや終わった。


佐島マリーナに面した素敵なご自宅で、魂が共感し会える仲間との熱い話は深夜まで続いた。

b0088872_18494870.jpg

b0088872_18501042.jpg



埼玉には海はないけど、
うちの畑にいた息子より電話が入った。
「お父さん、紅東(べにあずま)の苗を植えておいたよ!」


なんか、めっちゃ楽しい。
[PR]
by Takumi-Yamamoto | 2008-06-27 18:47
台湾のロハス取材
大和田順子さんの著書、「日本をロハスに変える30の方法」が台湾で翻訳され出版されることとなりました。

オクタもLOHAS企業の一つとして、昨日台湾のテレビ取材が入りました。
b0088872_12143120.jpg

弊社でリフォームされたK様にご協力いただき、ライフスタイルやお子様の健康などインタビューを受けていただきました。

弊社のお客様はみなさん取材や雑誌掲載に協力してくださったり、検討中のお客様にお宅を見せてくださったり、素晴らしいパートナーになってくださいます。

このK様のお宅にも、いままで何人お客様をお連れしたかわかりません。
そして奥様はリフォーム後ロハスの勉強をされ、資格までお取りになって、
ロハスを広めていくことに一種の使命感をお持ちです。
ほんといつもありがとうございます!

b0088872_1215153.jpg


そんなロハスがいま台湾や韓国でも日本の影響を受けてブームになっているようです。


こうして、ロハスの流れが日本のみならずアジア全体に広がっていくことは素晴らしいことであり、ビジネスの可能性も広がっていきます。


かつてのように、「エコ」を我慢や抑制としてとらえるのではなく、ファッショナブルでカッコよくて楽しいものととらえるのが「ロハス」です。そして、一部の寄付やボランティア活動だけに頼るのではなく、自らができる小さなことを積み上げて、子供たちに良い環境をリレーしていくという行動と使命感が、一人の人間としての優しさにもつながっていきます。

ロハスは本来アジアの思想から出発して、いまやっとアジアに戻ってきたのかもしれません。


日本在住の台湾の女性レポーターにも、ついつい自然素材のリフォームを勧めていました。

「ますは寝室からはじめましょう。」

って営業かっ!
[PR]
by Takumi-Yamamoto | 2008-06-26 12:33
O様邸の上棟式
先日、神奈川のO様邸の上棟式があった。

b0088872_1059359.jpgb0088872_110664.jpg


b0088872_1122892.jpg



オクタはリフォーム専門の会社であるが、諸条件によっては新築に変わっていくこともある。O様も一年近い打ち合わせの末地盤等の問題があり、当初リフォームでお問い合わせいただいたが新築へと変わっていった。

間取りはもちろん、仕上げの自然素材、「住まう」ことの考え方(ライフスタイル)などへの共感は、一般のハウスメーカーのアプローチとはまったく異なるので、打ち合わせに多くの時間を要する。

構造はもとより、採光や風の通りなど詳細に設計に反映させて、しかも構造材には集成材をまったく使わず無垢材だけを使用して金物のピン工法で設計した。


またオクタの強みの一つに、職方の多くが自宅を自然素材でリフォームしている点が挙げられる。これは、弊社の現場でその良さを実感しているから職人さん自ら自宅をリフォームし、さらに現場でその特性を知りながら施工ができるし、お客様にも自信を持って説明できるのだ。


お客様はもとより、社員スタッフ、サプライヤーや職方などすべてのステークホルダーが、「良いもの」の価値共有をして文化として広がっていくことが理想的だ。


完成後、またお邪魔して住まい心地をぜひ伺いたい。


O様、色々とお気遣いありがとうございました!完成が楽しみですね。
[PR]
by Takumi-Yamamoto | 2008-06-26 11:06
ラッキーナンバー
1 モノmono
2 ジdi
3 トリtri
4 テトラtetra
5 ペンタpenta
6 ヘキサhexa
7 ヘプタhepta
8 オクタocta
9 ノナnona
10デカdeca


ギリシャ語は日本でも様々なところで使われている。
数字ではモノトーン、ジャズトリオ、テトラポット、ペンタゴン、ヘキサゴン、オクターブ、さらには、最近ではPCの容量などでメガ、ギガなど。
単位として、センチ、キロ、マイクロ、ナノ、ピコなどたくさんある。


弊社の創業者で会長の奥田いさむは、正しくは「オクタ」と発音するので社名も「オクタ」と濁らない。決してオタクではないので要注意が必要だ!(笑)

会長がギルシャ語から、うちのラッキーナンバーは「8」である!と常々言っている。


中国や日本では八は末広がりでありラッキーナンバーである。

会長はこのことに特に気をつけていて、車のナンバーも8。
私もかつてミュージシャンで、音階はオクターブ(8音階)で構成されているし、誕生日は7月1日で足すと8、これらのことに大き因縁を感じる。(というか感じたい!)


何でもラッキーと捉えられればとてもポジティブになれる。
だからオクタのラッキーナンバーは「8」。
そう考えると、2008年8月8日、8時8分が楽しみでたまらなくなる。
[PR]
by Takumi-Yamamoto | 2008-06-21 13:32
Peace Quest 2008チャリティーイベント
SPUTNIK INTERNATIONAL JAPAN主催のチャリティーイベントが、6月28日に原宿で開催されます。

http://www.sputnik-international.jp/pq/pq_index.htm

私のもう一つの活動である、社会貢献バンドXQ’sがこのチャリティーイベントに出演しますので、皆様お時間のある方はどうかご支援ください。
b0088872_12513366.jpg


ここで得られる収益は、ガーナの子供たちの教育支援や文房具などの物資輸送のために使われます。またガーナで絵本や本等を購入し、仮設図書室にて、多くの子供たちに貸し出します。 また優秀な中学生数名への奨学金、拠点となる施設、国際教育文化交流会館建設にむけての準備にもあてさせていただきます。


社会貢献バンドXQ’sは、私のほか、雑誌オルタナ編集長の森さん、生活の木社長の重永さん、オーガニックフードプロデューサー、キヨズキッチンの南さんなどがメンバーとなってチャリティー活動をしております。

今回はガーナのミュージシャンとも競演ということで、暑さを吹っ飛ばすイベントになると思いますのでぜひご来場を!

日時)
6月28日土曜日 14時開場 15時開演

場所)
原宿クエストホール  東京都渋谷区神宮前1-13-14  原宿クエストホール

会費)
一般2,500(前売2,000)円、在日ガーナ人及び学生1,500(前売1,000)円
入場者数:約250名

内容)
・チャリティーコンサート:ガーナと日本のミュージシャンによる協演他
・ガーナの紹介コーナー
・アフリカングッズの販売

主催:SPUTNIK INTERNATIONAL JAPAN・Ghana
特別協力:原宿クエストホール
後援(予定):ガーナ大使館/ガーナ政府観光局/日本青年会議所/エイ・エフ・エス日本協会[順不同]
特別協賛:株式会社ホーメスト コールドウエルバンカー番町店(ATOMIC投資委託(株))
協賛(予定):生活の木/BEAMS/ジンテック/英治出版/ドクターシーラボ/Kooインターナショナル/MEG[順不同]
[PR]
by Takumi-Yamamoto | 2008-06-21 12:54
沖縄ブセナテラス
10日から沖縄に行っていた。
OKUTAでは年間を通じて最も優秀な業績を残した店舗をMVSとして讃え、インセンティブ旅行に招待する。
今回は、昨年度MVSの所沢店スタッフと沖縄ブセナテラスで、つかの間のリゾート気分を楽しんで来た。

b0088872_081716.jpgb0088872_084281.jpg




b0088872_013114.jpgb0088872_0185739.jpg





波の音、風の音以外の人工的な騒音のない所で、美しい海や空を見ているだけでリラックスできる。


b0088872_022171.jpgb0088872_0222176.jpg




b0088872_023844.jpgb0088872_023309.jpg





早起きしてフィッシングやシュノーケリングをする者、サーフィンをする者、プールサイドで静かに読書をする者など、思い思いの時間の過ごし方で、あっという間の旅であったが至極の時を過ごしてきた。

b0088872_0324562.jpg


優秀な店はそれぞれ形は違っても、スタッフの一体感やそれぞれの個性を生かすムードがある。

豊かな時は心を豊かにしやさしくするから、我々も高質のラグジュアリーサービスを経験していることは大事だ。その記憶がお客様への提案やサービスに反映される。

b0088872_034415.jpg



ブセナは評判どおり、海外のリゾートにも引けを取らない素敵なホテルだった。
[PR]
by Takumi-Yamamoto | 2008-06-13 00:38
LOHAS club エコツアー
8日の日曜日、恒例のLOHAS club エコツアーに行ってきた。これはオクタの会員制アフターサービスシステムのLOHAS club会員様を対象に年2回開催しているエコツアーだ。

今回のテーマは、「食の安全を考える」農業体験ツアー。それをJTB関東さんの企画により、CO2ゼロ旅行(オフセット)として行った。
b0088872_6494064.jpg



最初に行った、我孫子にある「自然農法国際研究開発センター」では、良い土悪い土について、良い野菜の見分け方について、などを学んだ。ここは様々な自然農法の研究を行うと共に、有機JASの認定事業など行っている研究機関である。
b0088872_6503018.jpg


短い時間ではあったが、目から鱗の、日本の農業の実態を教わった。
特に印象的だったのが、「土」とはの定義について。
土とは、母材(岩石の粉)の中に、有機物(動植物の排泄物や死骸など)が交じり合い、土壌動物(モグラ、ミミズ、ダニなど)や土壌微生物(根粒菌、放線菌、細菌など)が生きているもの。つまり土は循環性のある生命体なのだ。
これがただの岩石の粉に近づくほど、砂漠になっていくのだそうだ。

こうした豊かな土で作られた野菜が良い野菜で、一般慣行農法で作られた野菜より栄養価も高く生命力もあり(日保ちがする)、土も痩せないのだそうだ。
「朝摘み」などの言葉に惑わされず、しっかりと良い野菜を選ぶ目を持ってほしいとのこと。

畑では、堆肥のやり方を教わり、玉ねぎやレタスの収穫をさせてもらっておみやげに。
いや~バスの中が玉ねぎ臭いこと!力のある野菜は香りも強い。
b0088872_650597.jpg

b0088872_651157.jpg


那珂湊の市場で海鮮ランチを食べたあとは茨城県鉾田市の深作農園へ。
ここはイチゴとメロンをEM自然農法で栽培して直売している。かつて農協の指導で栽培していた時代は、お客様や作柄の前に、このままでは、農薬で自分の体が持たないと感じて、深作社長ご自身がEMを勉強して有機農法に切り替えたのだそうだ。ハウスでのイチゴの収穫後、残った葉っぱや茎をそのままにしてEMぼかしを与えることで、連作を行っている。
メロンをいただいたが、ジューシーですっごく甘かった。
会員様みなさん思わず箱買いしていた。
b0088872_653586.jpg


今回はJTBさんのCO2ゼロ旅行の取材で、フジテレビのFNNスピークの報道局クルーが密着取材。メロンのおいしさに、カメラマンさんナイスリアクション、あざ~す!
b0088872_6533397.jpg

b0088872_6535060.jpg


お客様もみなさん「とっても勉強になりました。」と喜んでくださった。
農業は、自分たちの食の問題として、もっともっと勉強したい。
カーボンオフに関しては、個人レベルでは低炭素型のライフスタイルに変えて、食生活をきちんと見直すことが先で、そのあとにオフセットがあるように思う。
今までと何も変えないで、いくらオフセットしても、削減など到底できない。
[PR]
by Takumi-Yamamoto | 2008-06-11 20:16
アクティブ感動引越しセンター
首都圏を中心に、脅威のリピート率を誇る感動引越しの「アクティブ感動引越しセンター」の猪股社長が来社され、弊社の会員制ユーザーサポートシステム「LOHAS club」を導入していただくことになった。これはオクタが1996年からスタートした、会員制のアフターメンテナンスサービスで、現在約9000世帯が加入されている。


この導入で、引越し業界初の会員制アフターメンテナンスサービスになるだろう。

b0088872_18375853.jpg


引越し後の住宅メンテナンスやライフサポートを引越し屋さんが行う、正に逆転の発想だ。会員様へのサービスはオクタのHandyman.jpが担当する。

引越し後の手書きレターなどでお客様との接点をとても大事にされるアクティブ社にとって、会員制ユーザーサポートシステムの導入はさらなるUSP(ユニークセールスプロポジション)強化になるだろう。


今後は弊社のお客様の引越しや荷物保管でも連携を図りたい。



さすがに猪股社長、決断が早いわ。感動しました!
[PR]
by Takumi-Yamamoto | 2008-06-07 18:45
ソーシャル・クリエイターズ・フォーラム
使われなくなったビニール傘を再生し、渋谷の街全体の「置き傘」にする「シブカサ」やインタビューWEBマガジンSOLなどの活動行っている、学生社会起業プロジェクトチーム「SOL」主催のソーシャル・クリエイターズ・フォーラムが、6月9日恵比寿のSPAZIOで開催される。

b0088872_13111263.jpg


司会はオルタナ編集長の森さん
パネラーは、
「マネーの虎」、現在は国立ファームで農業改革に取り組む高橋がなり氏
クリック募金で世界中へ募金を行うユナイテッドピープルの関根健次氏
大和ハウスCSR推進室「社会貢献活動チーム」内田雄司氏

オクタではこのフォーラムに協賛させて頂いている。




SOLは・・・・・・・・・
「Symbol Of Life」の略で、これは直訳すると「人生の象徴」「生命の象徴」。つまり「個性的なSOLのメンバーが、それぞれの生き方、それぞれの分野においてシンボルになるような人物になってほしい」という意味合いがこめられています。
『全ての若者をソーシャルクリエイターに』をミッションに掲げ、未来を創る若い世代が今よりももっと社会に関心が持てるような、そんな価値観を広げるために活動をしている社会起業プロジェクトチームです。



若者よ!次代は君たちが作るんだ。
[PR]
by Takumi-Yamamoto | 2008-06-06 13:16