<   2008年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧
定義づけ
「言語」は人が意思や情報を交換する有効な道具だが、その使い方次第では何ともはっきりしない曖昧なものになる。
そこでオクタでは、社内共通言語を明確に定義づけし、○○とは、を言語化しカリキュラムテキストにして全員で共有する習慣が風土としてある。このことがもしかして、他社と大きく異なるところかもしれない。


先日、弊社主催の経営研鑽会にて、「事業とは」を経営者様に質問してみた。
一瞬考えたのち、みなさんそれぞれのお答えを述べられた。当然様々な答えがあってしかりである。

オクタでは、「事業とは顧客価値の創造である。」と定義している。

さらに、「お客様」とは不特定多数のニーズ保有者、さらに「顧客」とは共感性があり合意形成の可能性のあるニーズ保有者、と定義している。
そして、その外側にマーケットが存在している。
よって、集客とは、マーケット内から顧客になり得る可能性の高いお客様を見つけ出すこと、ということになるし、戦略とは、その時々で、どの顧客をターゲットにするか、ということにつながってくる。

///////////////////////ドラッカー学会ブログより/////////////////////////////////
ドラッカー博士は、「20世紀の企業における最も価値ある資産は生産設備だった。他方、21世紀の組織おける最も価値ある資産は、知識労働であり、彼らの生産性である」と言っており、 さらに博士は、「知識とは、様々な情報を仕事や成果に結びつける能力のことである。すなわち知識は、顧客の満足と価値において意味あるものでなければならず、顧客、市場、最終用途に貢献することができなければならない。」
事業活動は事業価値を生みだす独自の知識を形成し活用する能力を創造していくことであり、これが事業での「差別化の源泉、および事業の存続と成長の源泉」となる。
 この意味するところは、知識労働の生産性の向上の主要な課題は、事業上の価値を創造することができなければならず、知識労働においては、効率的に仕事ができるようになるというのは二義的な課題である。
///////////////////////////////////////////////////////
と言っている。かつては生産効率が第一だったのだが今は違う、と。


簡単に言い換えると、我々の仕事は、顧客価値を生み出していく知識労働であり、それができて初めて効率性を向上していく(もっと上手に!)改善策を打っていくのだ、ということになる。

もっとわかり易く言うと、「手間が掛かっても顧客が価値を感じてくれるまで知恵を絞りなさい!」ということであり、それをオクタスタッフはみんな理解している。


言語の定義から心理学ワークまでを営業向けに落とし込んだ、異色の実践セミナーが開催されます。かなり凄いです。

価格設定、安過ぎっ!!


 
 開催日時:2008年6月10日(火)PM13:00~18:00
 開催場所:きゅりあん 品川区立総合区民会館(東京)
 受講費用:10,500円(税込)LG会員価格(一般 31,500円)
 スケジュール:PM13:00~営業スキル研修
        PM17:00~営業ツール支援説明
        PM18:00 終了予定

※お申込・お問い合わせは、詳細内容を確認して頂いた上でTEL・FAXにて承ります。
詳細資料はこちらのサイトから↓
http://lohasgroup.jp/
              
[PR]
by Takumi-Yamamoto | 2008-05-27 17:18
地球と日本
COJ(日本カーボンオフセット)の村上事務局長と、イーココロ!クリック募金の関根代表が来社された。
オクタでは、関根さんに商品開発をお願いして、クリック募金とカーボンオフセットを組み合わせた「イーココロ!カーボンオフセットクリック募金」を実施している。

b0088872_1835039.gif


このサービスは、イーココロ!サイトからオクタを選んでクリックすると、一日一人ワンクリック1円の募金が、COJを通じてCER(排出権)取得に使われ、京都議定書の日本の6%目標にカウントされ償却される仕組み。
先進国が国連認定の様々な削減プロジェクトに費用負担して、地球規模での排出総量を減らすという仕組みである。
取得先候補として、ブラジルの水力発電プロジェクトなどがあるそうだ。



環境問題には二つの側面がある。

一つは、地球的規模での温室効果ガス削減。
現在全世界で72億トンを超える温室効果ガスの排出総量を、地球の自然メカニズムで吸収・固定化できる範囲の31億トンに抑えて、人類の活動と自然とが調和できる社会構造を作ること。
経済効率からすると、途上国でのプロジェクトの方がコスト効率が良いので、必然的に先進国の排出権取得資金で、途上国の削減プロジェクトを支援する形となる。



もう一つは、我が日本の自然をどう守り子孫に残していくかという側面。
これは、食料自給率や農業・林業のあり方、魅力ある地域作りによる活性化、伝統・文化・風景の継承、地産地消、経済活動と自然環境の保護、高齢化と労働力など。

現在、全国各地で点として様々な取組みが始まっている。これが線となり面になって、美しい風景の緑多い自然を、子供や孫に残していけるような社会を作ることが、我々世代の果たすべき義務だ。


「地球の話」も「日本の話」も大変難解な問題であることは間違いない。

だが不具合ばかりを指摘するより、目の前の何か少しでも有効なことからすぐに始めよう!


ところで関根さんが持っていた、太陽光発電パネル付きリュックがカッコ良かった!
さすが、おしゃれ!
b0088872_11523852.jpg
b0088872_1154450.gif
[PR]
by Takumi-Yamamoto | 2008-05-26 18:16
耐震診断 殺到してます!
今月8日の茨城県沖地震、12日に起きた中国四川省大地震以降、耐震診断のお申し込みが殺到しており、現在診断実施まで数ヶ月待ちの状態です。

大変ご迷惑をお掛けしますが、耐震事業部の専門スタッフが1件1件丁寧に診断しております。
早急に報告書作成支援スタッフを増員して対応いたしますので、ご理解のほどよろしくお願い致します。

b0088872_1314083.gif
日本列島は、4つのプレートが入り組んだ世界で最も複雑なところにあります。
北海道と東北地方は、北アメリカからのびている北米プレート上にあり、静岡以西はほぼユーラシアプレート上にあります。しかし、伊豆半島や大島はフィリピン海プレートの上にあります。本州の下には、関西方面でフィリピン海プレートが潜り込んでおり、関東以北で太平洋プレートが潜り込んでいます。潜り込む太平洋プレートの末端はアジア大陸の下にまで及んでいます。


1923年2月にカムチャッカ地震 M8.5
1923年3月に四川地震 M7.3
1923年5月から6月に茨城県群発地震発生
1923年9月1日に関東大震災 M7.9


過去のデータから、東アジアのプレート地震は広範囲で何らかの影響を及ぼしあっている可能性を否定できません。この日本でも、いつ大地震が起きても不思議ではありません。
万が一に備えた心構えと、命の安全確保を上位に置いた対策を心がけていただきたいと思います。

オクタでは、通常の増改築リフォームの際、必ず構造調査(破壊検査含む)を行い、建物の安全性確保を最優先に設計を行っております。


耐震診断お申し込みはこちらへ
http://www.okuta.com/pc/taishin/contact.html
[PR]
by Takumi-Yamamoto | 2008-05-25 13:10
世界のハンディーマン
イギリス発祥のハンディーマンは、アメリカを中心に世界に広がっています。
わがHandyman.jpも、日本のハンディーマン代表として、世界のサービスに負けないよう頑張るぞ!
個人で起業される方、これからの成長ビジネスですよ。



Mr Handyman
http://www.mrhandyman.com/
b0088872_15303991.jpg


Handyman Network
http://www.handyman-network.com/index.asp?pageID=49
b0088872_1532484.jpg


Handy Do 
http://www.handyman-franchise.co.uk/


Handyman.co.uk
http://www.handyman.co.uk/
b0088872_15342098.gif

b0088872_1536871.gif


Handyman Connection
http://www.handymanconnection.com/schedule-handyman-connection-home-service.aspx
b0088872_15433517.gif
b0088872_15443486.jpg


0800handyman
http://www.0800handyman.co.uk/
b0088872_15461162.jpg


Handyman Bulgaria
http://www.handyman.bg/
b0088872_15471119.jpg

b0088872_1548632.jpg

[PR]
by Takumi-Yamamoto | 2008-05-19 15:49
本物とニセモノ
山本高広という物まね芸人が最近気に入っている。

b0088872_12313528.jpg


「~が来た~~~!」と織田裕二の物まねをするあの芸人。
何より本人が楽しそうに演じている姿が何とも言えなくおかしい。(個人的には軽部アナの方が好き)

芸人は芸を磨いて共感を得る世界。これはこれで素晴らしいし物まねは大好きである。


織田裕二本人の癖や特徴を捉えて、それをオーバーに誇張してパロディー化する。そして少し風刺を込めてセリフやネタを作るプロセスがあり、それを舞台に掛けてお客さんの反応を確認する。・・・・ヨシッ、ウケた!


しかし、、、


どんなにうまくやっても織田裕二とは別物だ。
本人と彼を比べること自体がナンセンスでありどうやっても同列には並べようがない。



日本が誇るカニカマという優れたニセモノは、いまや世界中で利用されレシピや料理に取り入れられているらしい。ほとんどの成分は魚のすり身なので、ヘルシーな食品として定着してきたのだろう。

しかしこれまたカニの身の代用にはなってもカニとはまったくの別物。


リフォームの世界に例えると、大手の提案する合板とビニールの内装提案と、オクタの提案する自然素材や無垢材のリフォームを比べられるのはいかがなものか。


何をどう比べるの?


それって、カニを食べてる織田裕二と、カニカマを食べてる山本高広を比べるようなものだと思うのだが。
[PR]
by Takumi-Yamamoto | 2008-05-18 12:40
わがままを言ってください!
大手リフォーム会社各社は、どこも定額制のパッケージ商品を導入しています。

「新築そっくりさん」、「暮らしアップ」、「まるごとホームイング」、「ミチガエル」、「改装くん」などなど。
坪単価の基準を決めて、あとはオプション設定。


細かい要望や実現したいイメージのないお客様は、料金設定がわかり易く、安心感のある大手に依頼されるでしょうが、大手が提案するパッケージにすべてのお客様が満足されるとは思えません。


もっとこだわって夢を実現したいお客様は、必ず手作りできめ細かい対応のできる会社を探します。

企業側の論理としては、量を売るために簡単で単純な仕組みにする必要があります。しかしお客様の求めているものは必ずしも、単純で簡単なものではありません。
不足を満たすにはパッケージでも良いのでしょうが、家作りという体験を通じて得られる感動は、オーダーメイドの協働作業のプロセスからしか生まれません。


パッケージかオーダーメイドか?!


オクタは万全のオーダーメイド組織体制で、お客様のご要望にお応えします。



遠慮せず、わがままを言ってください!
[PR]
by Takumi-Yamamoto | 2008-05-17 15:56
緑ちょうちんで一杯!
昨日、デミピーアールの田熊さんに教えてもらったのだが、今全国でにわかに「緑ちょうちん」の飲食店が増えてきているらしい。

サラリーマンが仕事帰りに「赤ちょうちん」で一杯!は昔の話。
ナウいのは(ナウいという言葉自体が古い!)「緑ちょうちん」で一杯!

b0088872_16465189.jpg



ここでいちいち食材のうんちくを垂れながら、食料自給率やオーガニック、地産地消について語り合うのがいま流、となればいいな。
実際、飲み屋やレストランでどこ産の食材を使っているかとても気になる。


2005年に札幌から始まった「緑ちょうちん」の飲食店は、地場産や国内産の食材を積極的に使った飲食店が掲げる目印として広がりつつある。
(加盟店制度などではないようなので、自主的にクチコミで広がったのかも)


緑色は、農産物の緑・安全を意味する緑をイメージしたもので国産の使用率が50%を超えると掲げることができて、まずは星一つ。10%増えるごとに星が増え、国産利用率が90%を超えると「5つ星」が与えられる。


2006年に施行された「有機農業推進法」などの法整備、実際の生産者、流通業および飲食店などのサービス業、そして我々消費者が、フードマイレージも含め安全性や自給率を高める意識を持つことがとても重要だと思うし、だからこそこのような取組みはとても面白い。


中国食品や吉兆などのネガティブな話題より、このような現実をもっと報道してほしいものだ。
[PR]
by Takumi-Yamamoto | 2008-05-15 16:57
中国四川省大地震
12日の午後、中国四川省で大規模な地震が起こった。

b0088872_15362395.jpg



ちょうど前日の11日の夜、山東省の工場出張から帰ったばかりだったのでびっくりした。すぐに煙台のスタッフに電話したが、揺れはなかったようだ。
沿岸部は地震が少ないとのことで、一部最近のマンションはRC造だが、ほとんどの建物はレンガ造りだから地震がきたらひとたまりもない、と話していた矢先の事。


内陸部のインドプレートとユーラシアプレートの境目では、過去に何度も大きな地震被害を受けているそうだが、住宅の耐震構造化は進んでいるのだろうか。
もしレンガ造りの家が多いのであれば、今現在9000人を超えている死者の数がどれだけ拡大するのか想像もつかない。

地震国の日本は、地震の際、建造物が凶器になることを何度も経験し、耐震性を向上させてきた歴史があるが、それでもまだ充分とは言えない。


隣国隣人の被害が最小限にとどまることを心から願うばかりだ。
[PR]
by Takumi-Yamamoto | 2008-05-13 15:57
ミャンマーのサイクロン被害への寄付のお願い
以下、イースクエアーのピーダーセンさんからの呼びかけです。
そのまま転記します。


------------------------------------------------------------
b0088872_2044197.jpg



山本 拓己 様

こんにちは。イースクエアのピーダーセンです。

去る5月3日(土)にミャンマー(ビルマ)を直撃した大型サイクロンは
多大なる被害を及ぼし、最新の報告では、死亡者数は22,000人を超
え、行方不明者が40,000人以上いるために、この数字はさらに増加
していくと予測されています。

これは、2004年12月に発生したスマトラ沖地震に次ぐ大きな惨事です。
当時、私は、スマトラ沖地震の数日後に行われたNHKの紅白歌合戦
で募金活動が行われなかったことに深い憤りを感じ、年明けに多くの
知人に寄付の呼びかけをいたしました。
一か月で多くの方の協力を得て約140万円の資金が集まり、全額
CARE International Japan(ケア・インターナショナル・ジャパン)を
通じて、緊急支援に活用されました。

今回も、寄付の呼びかけが弱いメディアに危機感を覚えたため、
CARE International Japanとの協力によりミャンマー向けの募金を
実施いたします。
私も当団体の評議員をしており、そのまじめで現場に根差した活動
に感銘を受けております。

ご協力いただける方や企業は、下記の方法にてご協力ください。
緊急支援なので、ご協力いただける場合は早めにお願いいたします。
(個人に関しては、5月21日までに振込をお願いいたします。もっと
時間がかかる企業は、CAREまでご連絡ください(下記))。

なお、5月末には、同じようにメールにて経過をお知らせいたします。

■協力の方法:
(1) イースクエアがこのために活用する銀行口座に振り込む。1円
のもれもなく、全額CARE International Japanにまとめて寄付いたし
ます。

  振込先: 
  三井住友銀行 日比谷支店 普通 8403034
  カ)イースクエア

  現時点、このためにしか活用していない口座なので、特別な明記
などは必要ありません。

(2) 直接CARE International Japan に振り込む:
   郵便振替
   口座番号: 00150-4-49006 (手数料免除)
   加入者名: 財団法人ケア・インターナショナルジャパン

※郵便局窓口設置の振替用紙をご利用の際は、通信欄に、必ず
「ミャンマー・サイクロン(EM)」と明記してください。
この記載がない場合は一般寄付として処理させていただきますの
でご注意ください。

※本募金口へのお振込みは振替手数料が免除になりますので、
お振込みの際には郵局窓口でその旨お申し出ください。
   
(3) そのほかに、企業としてより大きな規模でご協力いただける場合
は、CARE International Japan までご連絡ください:

(財)ケア・インターナショナルジャパン 
企業パートナーシップ担当 高木
    〒171- 0032 東京都豊島区雑司ケ谷2-3-2
    Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
    E-mail : m.takaki@careintjp.org

弊社は、今年度より経常利益の5%を「社会配当」と位置付け、社会
貢献に充てる活動を始めています。今回も、スタッフの寄付に加え、
その資金のなかから、イースクエアとして30万円をCARE Internatio
nal Japan に寄付します。

さらなる詳細に関しては、下記をご参照ください。

豊かな私たちができる最低限のことは速やかな緊急支援だと思い
ます。
是非ともご協力ください!

ありがとうございます。

イースクエア
代表取締役社長
ピーター D. ピーダーセン

電話 03-5777-6730
FAX  03-5777-6735



+++++++++++++++++++++++++++

(財)ケア・インターナショナル ジャパン 事務局長
野口千歳さんからいただいたメッセージ:

CARE Myanmarは即座に現地調査を実施し、緊急支援を開始し
ました。
CAREの査定チームによると、ヤンゴンの南ダゴンとタケタ地区、
およびイラワディ・デルタ地区で何千人もの人々が家を失い、パ
ゴダや学校に避難しているとのことです。CAREは、これらの地域
の被災した5万世帯を対象に支援を開始しました。ビニールシート、
食糧、衛生用品、
ジェリー缶、浄化剤、などの配布を継続していく予定です。

これから被害の全貌が明らかになってきますが、状況がこれ以上
悪化することを防ぐためにも、至急、活動資金を確保することが必
須です。ケア・インターナショナルジャパンでは、世界各国のCARE
メンバーと共に、緊急募金の受付を開始しました。是非、御社にも
ご協力いただけますよう、心よりお願い申し上げます。
また、お知り合いの方々にもお声がけいただき、ご協力をお願いし
ていただけますでしょうか。

ご参考まで、CARE は、ミャンマー(ビルマ)において14年間にわた
り、主に食糧確保、保健、HIV/エイズ感染予防、水と衛生などの
分野で活動を行ってきています。また、現地政府からの信頼と高い
評価を得ております。ケア・ ミャンマー(ビルマ)では、500人のスタ
ッフが120の村や町においてプロジェクトを実施しており、このような
災害が発生した際には、迅速な対応ができる体制が整っています。

詳細は、CAREのウェブサイト 
<http://www.careintjp.org/> www.careintjp.orgトップページの
「最新ニュース」をご覧ください。ニュースリリースも随時アップデ
ートされます。

どうぞ宜しくお願い致します。

(財)ケア・インターナショナル ジャパン 事務局長
野口千歳
[PR]
by Takumi-Yamamoto | 2008-05-08 20:01
第四回 LOHAS GROUP「経営研鑽会」(東京)

あと1社のみとなりました。GW明けの受付で締め切りとなります。
今回は、弊社のWEB集客の現状も公開する予定です。



日時:2008/5/20(火)PM13:00~5/21(水)PM17:00

場所:晴海グランドホテル9F 901会議室

講師:株式会社オクタ 代表取締役 山本拓己

進行:株式会社チェンジマネジメントシステム

費用:31,500円(LG会員特別価格)※一般73,500円
※参加費用には、消費税・宿泊費・食事代を含みます。

詳細資料は以下のURLよりダウンロード出来ます。
http://www.lohasgroup.jp/pdf/4th_kensankai.pdf

 ・次のステージに上がるための現状分析
 ・自社の強みと戦略・プロモーションのベクトル合わせ
 ・サーベイによる組織の実体・現状分析
 ・前進のための優先順位
 ・集客戦略
 ・優先強化項目の見極め

など360度から議論し、最終的には会社様の最優先の取組みを明確化しその道筋まで落とし込んでいきます。皆さんと共に議論することで深い知恵が出てくるのには驚きます。そこにCMS様のノウハウが加わって、第4回目になりますが毎回凄いことになっていますよ!



前回参加のA社長ブログより

3月19日 誕生日。 この歳になると誰も祝ってもくれないけど今年は違いました。
昨日から大阪で行われたLOHAS GROUP『経営塾』に参加させて戴きました。創業54年間で培った我社の強みを表にも出そうともしないで、無い物ばかりを追ってきた・・・それに気がつかず試行錯誤の毎日でした。
「企業が持つ独自の強みや、他社にマネできない技術」をなぜ生かさないのかをオクタの山本社長に教えて頂きました。最高の誕生日プレゼント ありがとうございました。
[PR]
by Takumi-Yamamoto | 2008-05-04 19:24