<   2007年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
O邸 完工パーティー
24日、津田沼店のお客様O様宅で完工パーティーを行いました。

昨年秋から、お打合せが始まり、本当に色んなことがあって、お客様と我々が真っ向から向き合って素晴らしい住空間が完成しました。

ご主人は超大手ハウスメーカーの設計、奥様は元キャドオペレータをされていたご夫妻です。
新築とリフォームではノウハウが違うことを一番良くご存知のご主人と、間取りに対して明確なイメージをお持ちの奥様。

b0088872_1735386.jpg


b0088872_1743556.jpg

おりこうさんの3人兄弟は、キッチン前のカウンターでお食事!



構造補強の問題などで途中暗礁に乗り上げそうになったとき、奥様の一言がすべての状況を変えました。


「私たちはもうすでにこの図面の中で暮らしているのよ!」・・・しびれます。

思い出してデザイナーの松倉女史が、また泣いていました。(よく泣くのですが。)


封印していたウインドサーフィンをまた始めようかな!とご主人様。



こういう瞬間に立ち会えることが、私たちの心の支えです!

感謝、感謝。
[PR]
by takumi-yamamoto | 2007-06-25 17:08
キャンドルナイト
23日、オクタのすべてのスタジオでキャンドルナイトを開催しました。

灯りを消して、キャンドルの中でゆっくりとした時間を過ごす夜。
僕は、熊谷店のイベントに参加しました。

オカリナ奏者「会田不死人氏」の演奏、そして数曲だけギターとデュオを
させていただきました。b0088872_16424896.jpg

キャンドの灯りの中で演奏する、オカリナ奏者会田先生





40名以上ものお客様にお越しいただき、とてもゆったりとした時間、会話を共有することができました。お客様からも「こんなゆったりとした夜も素敵だね!」とお言葉をいただきました。


最後はみんなで、「夜空のムコウ」を歌ってひとつになった

素敵な夜でしたネ!
[PR]
by takumi-yamamoto | 2007-06-25 16:45
住宅リフォームフェアin埼玉開催
秋にリフォームをお考えの方!!

6月23日(土)~24日(日)に、リフォーム産業新聞社主催の<住宅リフォームフェアin埼玉>が「さいたまスーパーアリーナ」にて開催されます。
OKUTAのLOHAS studioももちろん出展いたします。

埼玉県で年に1度の大型リフォームイベント、大手メーカー含めて様々な住宅情報が集まります。
またセミナーでは、多くのリフォームの匠たちがリフォームの秘訣を教えてくれます!

b0088872_128389.gif

OKUTAのインテリアデザイナーもプロの講師として、施工実例の勉強会を開催しますので、これからリフォームをお考えの方という方もお気軽にご参加ください。

会場周辺が込み合いますので、電車でのご来場が便利です!
[PR]
by takumi-yamamoto | 2007-06-22 12:12
富士山清掃活動
環境NPO「富士山クラブ」の富士山清掃活動に、オクタファミリー総勢100名余りで参加した。また我々と同じ企業スタンスをもつ逗子市の「ミワランド」社からも、社長はじめ7名が参加され、たいへん有意義な活動ができた。

今回の活動は、奥田会長の友人で、写真家、野元学さんからのご提案で実現したものだ。野元さんは、イルカやクジラの写真、またサーフィンの写真などを通じて自然や環境の大切さを表現しているアーティストであり、会長のサーフィン仲間でもある。

今回の活動の大きなテーマは我々の「環境教育」の一環であり、たった一日の活動で、あたかも環境問題に貢献したようなPR的なことではなく、日本を代表する富士山周辺の実体を見て説明を受けて、そして活動を通じて各自がきちんと「考える」ことにある。

もりの学校(野口健さんが校長)で、安全行動や分別の方法についてレクチャーを受け、今回は富士山クラブで未だ手付かずの、青木ヶ原樹海の3箇所の場所へ移動して活動した。

b0088872_1226658.jpgb0088872_12263871.jpg

「みなさんの為に、スペシャルな場所をご用意しました!」とリーダーの舟津さん(写真左)のお話。
周辺には、まだ2500箇所もの不法投棄ポイントがあるという。

缶やビン、雑誌や生活ゴミはもちろん、建築資材、タイヤ、ソファーからコピー機まで、トラック約4~5台分のゴミを集めた。舟津さんの言うスペシャルな場所とは、建築資材の多い場所だったようだ。

b0088872_12303466.jpg
b0088872_12305978.jpg

生態系に悪影響を及ぼし、美しい1200年の天然林を台無しにする人間のエゴを目の当たりにして、一人ひとりの考えが変わって、行動が変わっていくことが大事だ。

b0088872_12313039.jpg
b0088872_1231586.jpg

富士山クラブの舟津リーダーの最後の言葉が印象に残る。
「こんなことやっても無駄だ、という人もいます。今、100のゴミがあったとして、毎年10ずつ新たに投棄されていくとすれば、みんなで12、15拾えば必ずゴミはなくなる!と信じて僕たちは活動しています。」

富士山クラブのみなさんボランティアのみなさん、ありがとうございました!
[PR]
by takumi-yamamoto | 2007-06-07 12:43