<   2006年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧
Handyman(ハンディーマン)
オクタにはHandyman(ハンディーマン)という部署があり、昨日は今年最後の納会でした。
b0088872_1057548.jpg
普段は作業服の彼らも、ウォームビズにて参加のこと!との森田本部長の指示通り、きちんとした服装でカッコよかったよ!


現在8,600名の会員様と最も多く接しているのは彼らであり、日々の細かいサービスや軽作業を通して、お客様のご不便を解決する小工事専門部署です。私も実はLOHAS CLUBのVIP会員であり、時々メンテナンスをしてもらっているんですよ。

97年に部署を設立して2002年に事業部として再スタートしたHandyman.jp事業部も丸4年が経ち、今では、直営スタッフ15名、FC個人オーナー店8店舗、FC支部13社を数えるまでになりました。 旧本社を研修センターとして教育体制を強化しているので、個人で起業するFCオーナーの方も増えてきました。

住まうこと、暮らしていくことには様々な不便がつきまといます。これを一つずつ解決していけるように組織化し、各部署全体としてシナジーを生み出せるような会社を目指しています。
今後の高齢化社会においても、この部署は益々重要になっていきますね。

みんな、風邪ひかないように、体調管理よろしく頼むよ!
[PR]
by takumi-yamamoto | 2006-12-24 11:06
コールセンター
リフォームという仕事において最も行き違いを生むのが、情報伝達のトラブルです。オクタではコールセンターのオペレーターさんがこの重要な役割を果たしています。
b0088872_131799.jpg
テレオペさん、いつもありがとう!

過去チラシを大量に配布していた時代は、圧倒的に反響の受付が多かったのですが、現在では、反響・問い合わせ(メール、電話)などのインバウンド(受信)よりむしろ、完了確認や点検コール、会員様サービスのご案内などのアウトバウンド(発信)業務が中心になっています。

その内容をお客様データベースに入力し、受付者、伝達者、対応内容が履歴に残り、それを未対応のものがないかコンシェルジュが日々チェックしています。

担当者はどうしても実働に優先順位をおくので、すべてのお客様と円滑にアフターコミュニケーションするには限界があり、組織としてのフォローがなければ実現できません。
(お客様のご不満を積極的に改善していくことは、会社の経営方針の一つ。)

年内は、11月完工分のお客様への1ヶ月点検コールで大忙し。

ご不満を残したままのお正月では、せっかくの工事が台無しになってしまいますから。
[PR]
by takumi-yamamoto | 2006-12-23 13:30
2007年はLOHAS本番!
2006年はLOHAS元年といっても良いくらい、考え方やビジネスが世の中に広がりました。昨日は、NPOローハスクラブでお世話になった藤崎さんの事務所大和田さんと今年の振り返り、そして来年の展望について語り合いました。

藤崎さんは自ら畑をやっておられ(生産しない畑)、無農薬・無肥料で栽培した野菜を手際よく調理してくださいました。形は小さいけれど、濃厚で甘みの強いニンジンや大根、ルッコラなど、採れたての野菜本来の味は格別です。
ホームパーティーの男の料理姿ってカッコいいな!
b0088872_1658191.jpg

b0088872_16585371.jpg
チーズはワインがすすみますねえ。

b0088872_16592349.jpg
藤崎さん、大和田さん、ありがとうございました。


//////////////////////// お知らせ //////////////////////

1月18日に、LOHASセミナーが開催されます。

LOHASスタイル研究所主催で、プロアクティブ山口社長や弊社会長の奥田も講演させていただきます。

LOHASビジネスの捉え方、考え方を学ぶ場として、業種を問わず多くの方がご参加いただければと思います。

2007年はLOHAS本番!

お申し込みは大和田さんのWEBサイト


こちらからダイレクトでも結構です。
[PR]
by takumi-yamamoto | 2006-12-19 17:26
日経 住まいのリフォーム博2006
日経 住まいのリフォーム博2006が12月14日から17日までの4日間、
東京ビッグサイトでいよいよ開催されます。今年最後の一大イベント!!
b0088872_1762586.jpg

今年はエコプロダクツ2006も同日開催なので、去年の来場者数85000人を上回る来場が予想されます。(主催者予想では10万人)
b0088872_1783751.gif


今年のテーマは、“家族みんなの「暮らしやすさ」を見つける4日間”
文字通り国内最大級のリフォーム博です。

さらに同時開催のエコプロダクツ2006は、環境配慮の商品や企業の取り組み、シンポジウムや各種セミナーなど、新しい未来像を見つけられるこれまた楽しいイベントです。この同時開催は絶対おすすめ、しかも4日間開催しています。

オクタは「LOHAS studio」として出展しますので、ぜひご来場お待ちしております。
来年、再来年リフォームやリノベーションを考えている方は必見ですよ~。


日経 住まいのリフォーム博2006

会期  12月14日~17日
時間  10:00~17:00(最終日のみ16:00)
会場  東京ビッグサイト 西1・2ホール
主催  日本経済新聞社

後援
国土交通省、経済産業省、厚生労働省、環境省、警察庁、住宅金融公庫、都市再生機構、(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター、(財)ベターリビング、(財)日本建築防災協会、住宅リフォーム推進協議会、マンションリフォーム推進協議会、(中)日本増改築産業協会(順不同、予定)
[PR]
by takumi-yamamoto | 2006-12-11 17:22
名古屋 「LOHAS studio緑」
名古屋の安江工務店さんの、「LOHAS studio緑」のプレオープンに伺った。
b0088872_1531399.jpg

近隣の方やOBのお客様への招待でのお披露目だったが、雨の中ひっきりなしに来店があった。

スペイン カサレス風外観で、内部は安江社長自らが開発されたオリジナル漆喰や珪藻土、サンゴ石やジュラシックウッドストーン(桂化木)などの自然素材で仕上げられた癒しの空間。

当日はクリスマスリースや漆喰雪だるま、Myエコバッグ作りなどのイベントで大盛況だった。
地域に根付いたフレンドリーな空気を感じ、社長ほかスタッフのみなさんとお客様との暖かい関係を肌で感じさせていただいた。

競合ひしめく地域だけに、LOHAS studioとしての情報ターミナルになってください。

グランドオープンは年明け1月6日。


EM栽培のじゃがバタ最高でした!
「どえりゃあ、うみゃーでかんわー」
[PR]
by takumi-yamamoto | 2006-12-11 15:09
LOHASの1年
ちょうど去年の今頃、NPO ローハスクラブが主催するLOHASアカデミーの模様が「筑紫哲也NEWS23」で紹介されました。
こう見えても、僕はLOHAS Concierge ライフスタイリストコース第一期生です。
b0088872_12505459.jpg
           取材中の草野アナ(去年)

ここで主催の山口さんや藤崎さん、講師の大和田さんとの出会いがあり、今年1月に、「日本をロハスに変える30の方法」という本の中で、LOHASな企業としてOKUTAが紹介されました。あれからもう1年かあ、早いなあ。
b0088872_1254010.jpg


著者のひとり、大和田順子さん はご自身のHPでこの本を書いた理由を次のように述べられています。
*********************************************
毎日私たちがしている“買い物”が会社や社会を変える。

『より良い社会のためのお買い物』(shopping for a better world)という本に出会ったのは16年前の1990年のこと。衝撃的でした。
買い物をする際、商品を選ぶのに、それを作った会社が環境に配慮しているか、女性や少数民族を登用しているか、動物実験していないか、軍事政権に関与していないか、といった観点で評価したお買い物ガイドなんです。

まさに今企業で注目されているCSRの源流がここにあります。
米国の市民団体が作成したベストセラー。この本との出会いが私の原点です。
そして生活者や企業が社会の変革を担うことができる、世の中を良い方向に変えることができると確信するようになりました。
*********************************************

簡単に言うと、社会をよくする「買い物」の仕方ってことになるのでしょうか。
買い物だけに、理屈の前に、魅力的でおしゃれでワクワクしていただけないと当然買ってもらえません。
[PR]
by takumi-yamamoto | 2006-12-04 13:35
マクロビオティック
日本では「正食」と呼ばれる、日本生まれの「マクロビオティック」。

「マクロビオティック」を現在のように確立したのは、故桜沢如一氏(海外ではジョージ・オーサワとして知られている)です。桜沢氏は、日本に古くから伝わる食養生と、東洋思想のベースとなる「易」の原理を組み合わせて、「玄米菜食」という自然に則した食事法を確立し、世界に広めました。

すべての健康な肉体と精神、病気は食べ物と環境からくるものであり、現代人の多くが病んでいるのは、食が間違っているという考え方です。

この教えを久司道夫氏、岡田 定三氏などが引き継ぎ、現在、啓蒙・発展活動に精力的に尽力されています。

今もっとも「マクロビオティック」に注目している国はなんと言ってもアメリカ。
アメリカでは1977年に、従来の食生活が生活習慣病の増加をもたらしたとの反省から、動物性タンパク質や脂肪を減らし穀類や野菜を中心とした食事を目標としています。それを推進したのが、桜沢氏の教えを受けてアメリカでの普及に尽力した久司道夫氏で、クシ・マクロビオティックと呼ばれています。

今ではスーパーモデルたちはもちろん、トムー・クルーズやシャロン・ストーン、マドンナ、ニコール・キッドマン、グウィネス・パルトロウなどのハリウッドスターやアーティストたち、さらにはカーター元大統領やクリントン元大統領など各界著名人の他、セレブを中心に約200万人が実践しているそうです。

マドンナのマクロビオティックシェフの西邨まゆみさんは有名ですよね。
48歳にしてあの体形を保ち、激しいステージをこなすマドンナのパワーの源はマクロなのです。

オクタもLOHAS CLUB会員様の健康維持に向けて販売体制を作りました。

その前にまずはうちのスタッフがお試し中です。

たった8日間で!
なんと!
ウェストが!
5センチも!
細くなっちゃったTさん~!

超ビックリ。これホント、
[PR]
by takumi-yamamoto | 2006-12-03 19:28