<   2006年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
サンキューグリーンスタイル
昨日大和田順子さんとお話していて、林野庁の話がでました。
「山本さん、サンキューグリーンスタイルって知ってますか?林野庁のキャンペーンなんですけど。」と言って一冊の小冊子を見せてくれました。林野庁が行っている、国産材を使おうという環境キャンペーンです。
b0088872_10575872.jpg

「いや、知りませんね。」
林野庁かあ、、、林野庁長官の顔も名前も知らないのに。

そして木材需給量の推移というデータを出されて、
「平成15年に国産材の供給量が前年を上回ったんですって。ついに底を打ってⅤ字回復?LOHASを考える上で林業はとても気になるのよ!」
さすがLOHASの第一人者、見ている景色が我々とは違います。

僕はすぐに林野庁のHPを開いてみました。

木材の国内需要のピークは平成元年の115,985千㎥、
平成15年にはその77%。これは新築の着工戸数と相関するのでしょう。
木材自給率は昭和30年代前半90%以上だったものが、下降の一途をたどり、平成12年以降ついに20%を割っています。林業や木材関係の方々のご苦労がよくわかります。

しかし50年ぶりに国産材供給量が前年を上回ったわけですから、これはもしかして明るい大ニュースなのかもしれません。もっと見ると「薪炭材」の供給量も初めて前年を上回っています。これも非常に興味深いデータです。

データ上から見ると、確実に何かが変わり始めている気がします。

よく考えてみると、燃料、食料、さらに木材まで自国で供給できないこの日本という国。
外交や防衛において、これではたして強い交渉力が持てるのだろうか。
レスター・ブラウン博士の講演で彼は、「持続可能な社会の実現は、ある種グローバリズムからローカリズムへの転換である。」というようなことを言っておられましたが、まさしくその通りだと思います。LOHASもしかり。
今、各都市の「祭り」が盛り上がり、地域に根ざした活動が活発なのは、ある種必然なのでしょう。

さて、次期組閣の際は、「林野庁長官」の名前と顔くらいは覚えておこう。
[PR]
by takumi-yamamoto | 2006-08-27 11:18
富士登山
一泊二日で、会長はじめ幹部、店長の有志と子供2名の総勢13名で、富士登山に挑戦しました。これは奥田会長の発案です!
大志を成就することは、目の前の一歩一歩を成し遂げてこそであること、仲間が助け合って目標を達成することの実践研修でした。
みごと13名全員が、一人のリタイヤもなく無事下山しました。いや~きつかった!みんな、お疲れ様。
b0088872_1322635.jpg
登山前の五合目、不安と期待が入り混じるメンバー
b0088872_133532.jpg
満天の星を眺めながら意識が遠のく我が愚息
b0088872_1324274.jpg
登山者がみな歓声を上げたご来光の瞬間
b0088872_13254037.jpg
頂上にて全員での記念写真

このあとの下山がまた大変でした。
最初「ひざが笑う」状態から、「ひざが怒る」、そして最後は「ひざが泣く」の「ひざ3段攻め」に合いながらも、無事すべての行程を完了しました。

一生の思い出として心に刻みます。
[PR]
by takumi-yamamoto | 2006-08-25 13:43
甲子園の土
今年の夏の甲子園は歴史に残る熱戦だった。
早稲田実業おめでとう!「ハンカチ佑ちゃん」の脅威のスタミナと技術、冷静さは図抜けていた。

ところで、うちにはその甲子園の土がある。へっへっへっへ。
娘の同級生、浦和学院のウッチーから先日おみやげにもらったらしい。
敗れた選手たちが泣きながら袋に詰めている、あの「甲子園の土」が、DVDラックの横の瓶に入っているのだ!

ウッチーにとっては一生の宝、
娘にとっては、同級生の思い出の品、
僕にとっては、う~ん、、、ただの黒い土から自慢のお宝まで、「コト」をどう解釈するかによっていかようにでも価値を感じることができる。

ネットで甲子園の土を調べてみた。

須磨の浦の白砂と、鹿児島大隈半島の鹿屋の黒土のブレンド説、中国福建省の白砂と大隈半島の鹿屋の黒土のブレンド説などあって、自分で作ろうとしている人もいる。

また播磨セメントでは、350ミリリットル缶をコンビニで販売するらしい。150円なり。

「モノ」としてとらえるならば、350ミリリットル缶150円かあ。発泡酒よりちと安い。ウチの土は350ミリリットルもないから、50円くらいかな?つまらん!
高校球児の魂を150円で売り買いする大人たち。

だったら~、、、

あの壮絶な決勝戦引き分け再試合の末、早実が初優勝した球史に残る2006年夏、甲子園の土!
ホームラン記録を塗り替えた、逆転逆転の連続だった、あの2006年夏の甲子園の土!
ホークス王監督療養中に感動と勇気を与えたあの早実夏の甲子園初優勝のときの甲子園の土!
ハンカチ佑ちゃんの甲子園の土!
駒大苫小牧、田中には涙はなかった甲子園の土!
娘の同級生ウッチーがキャプテンとして出場した、あの甲子園の土!
ボルダーのジョンベネちゃん殺人犯が捕まった、2006年夏の甲子園の土!
小泉首相退陣前、ポスト小泉で沸いたあの2006年夏の甲子園の土!
中国福建省の白砂と大隈半島の鹿屋の黒土のブレンド、甲子園の土!

もうええわっ!!そのまんまやないかいっ~~!

ふう~っ、5000円くらいにはなったかな。。。。
[PR]
by takumi-yamamoto | 2006-08-22 13:57
僕の住む街
都心から北西に40kmほど。埼玉県狭山市にある稲荷山公園(旧ジョンソン基地跡地公園:ハイドパークと呼ばれていた)のそばには、地元の人たちから“アメリカ村”と呼ばれていた集落がありました。国道16号線沿いに立ち並んでいた“米軍ハウス”はアメリカ軍人の家族のための住居でした。それが、進駐軍が帰国したあと民間に払い下げられ、1960年代末から1970年代初頭にかけて、若者たちがその“ハウス”に移り住みはじめるようになります。
b0088872_1254551.jpg

その住人の中に細野晴臣や小坂忠、西岡恭蔵、吉田美奈子ら多くのミュージシャンたちやファッションデザイナーたちがいたことから、狭山の米軍ハウスは音楽ファンのみならず、社会的にも若者への情報発信基地として注目を集めました。

“ハウス”は切り妻屋根の平屋作りで、庭の柵や入り口のドアやストーブの煙突に「アメリカ」を感じたものです。狭山市鵜の木付近には何軒か“ハウス”が残っていますが、今でも見るたびに少しワクワクします。

中学、高校時代、岡山の地から“ハウス”に憧れていた少年は今家族と共に、その「狭山」に住んでいます。川があり、緑の多い静かなところ。
ハイドパーク・ミュージック・フェスティバル2006が今年も開催されます。
[PR]
by takumi-yamamoto | 2006-08-11 12:15
「LOHAS Selection」プロデュース
マンションデベロッパーの扶桑レクセル社の新築マンションで、自然素材の特別仕様
「LOHAS Selection」をプロデュースすることになった。
b0088872_1159519.jpg


b0088872_1221041.jpg
手始めにレクセル荻窪からいよいよスタートするが、実際の現場でのゼネコンさんとの打合せで細かい施工打合せを行なった。

b0088872_123152.jpg
ヘルメットの似合う私!

マンションの木質化や自然素材施工は、自分の中でひとつの大きなテーマだったのだが、中村社長自らがスタジオに足を運ばれて、弊社の取り組みを熱心に質問され、室内空気を体感されてゴーとなった。
ユニバーサルデザインに力を入れているレクセルマンションに、さらに自然素材仕様を加えて「人にやさしい住環境」をご提供できればと思っている。

急遽モデルルームも一室リフォームすることになったので、お客様に空気を体感してもらえば必ず良さを実感していただけると自負している。何故ならオクタの施工後のお客様からは必ず、「空気が最高!」とのお言葉をいただくからだ。「体感」これが重要だ!
[PR]
by takumi-yamamoto | 2006-08-06 12:19
スポーツの夏
大阪で高校総体(インターハイ)が始まった。夏の甲子園ももうすぐ始まる。
高校スポーツにとって今、関西が熱い。

最上級生は最後の夏に青春のすべてを賭けるし、後輩は先輩へのはなむけとして、精一杯のプレーでこたえる。卒業後も続ける子、別の道を進む子、それぞれの思いがあるだろう。この純粋さが、好きな人にはたまらないらしい。

しかし考えてみると、野球やサッカーの監督って、社員定着率の悪い会社の社長みたいなものだ。よくまあ毎年いいチームを作り上げてくるものだと感心する。
毎年部員の1/3が必ず卒業して新人と入れ替わるのだ。
条件が同じだから通用するのかとも思うが、毎年の苦労は変わらないはず。
「学校ブランドとチーム作り」は、学ぶところがたくさんある。

今朝早く、うちの長女がソフトボールでインターハイ出場のため大阪へ出発した。埼玉代表として完全燃焼して来いと言って送り出した。

しかしそれにも増して彼女の周辺には凄い同級生がごろごろいる。甲子園の埼玉代表校の主将、サッカーの東東京代表の主将はともに中学で同じクラスだったし、中学時代のソフトボール仲間で陸上の埼玉女子代表でインターハイ3連覇がかかっている子もいるという。
やはり環境って大事だな。
そういう友人との環境がお互いによい影響を及ぼしあっているだと思う。

ボクシングの亀田選手は、周囲の大人たちがひど過ぎる。アマとプロとの違いと言えばそれまでだが。
[PR]
by takumi-yamamoto | 2006-08-03 12:35