<   2006年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧
住宅リフォームフェア2006 in東京
明日とあさって7/1,2の二日間東京ビッグサイトで、住宅リフォームフェア2006 in東京がいよいよ開催されます。
b0088872_1972620.gif

リフォームイベントとしては国内最大級のフェアといってもいいでしょう。
200社以上が出展、その上たくさんのセミナーもありますので情報満載です。

OKUTAのブースは出入口の正面。
緑いっぱいの癒しのLOHAS Studioでお待ちしています。

ビッグなプレゼントをご用意してます!
[PR]
by takumi-yamamoto | 2006-06-30 19:11
結婚式
b0088872_18142217.jpg

昨日は、元社員のTくんの結婚式にお招きいただいた。
退社社員の結婚式でスピーチするのは初めてかもしれないが、その大らかな性格から、当時の先輩や同僚たちともいまだに交流があるし、こうして会長や私を招いてくれることもある意味素直さを感じてうれしいものだ。

入社1年以上経ってやっと仕事を覚えた頃、「旅に出ます!」と言って、世界へ旅立って行った。南米を始め世界48カ国を回ったとか、最後は当時治安が最悪だった中東へ。
イラクに半ズボン姿で入り殺害された無防備な日本人バックパッカーのニュースがあったが、彼とも旅先で出会っていたようだ。そんな出来事の最中にだ。ま、この理解を超えた行動力が彼の魅力でもある。

南米ペルーやチリのインディオのルーツは、モンゴロイド(蒙古斑をもつ)だそうだ。かつてユーラシア大陸からアラスカを経由して大移動をして行ったのだろう。世界を感じることも時には大切だな。
(*民俗学者ヘイエルダールの説ではポリネシアから太平洋を航海して南米に到達)



幸せにね。家族を大切にして、、、

あっ、そういえば、オーストラリアへ行ったきり帰ってこないヤツがもう一人いる。
[PR]
by takumi-yamamoto | 2006-06-25 15:45
変化すること

AWS様の住宅リフォーム業活性化セミナーで少しお話をさせていただいた。
小浪会長、ありがとうございました。

b0088872_18161457.jpg

仲間の多くの経営者の方々、幹部の方々の前でお話の機会を頂くのは、何より私自身の勉強になるし、現状の整理をする良い機会を与えていただいた。本当にありがたい。

現在も変革途上である以上、特別な成功事例というより、長きにわたりオクタはこのように変貌・変革してきました、といったヒストリー的な話と、私自身がどのような思考基準や優先順位のつけ方を採用してきたか、といった話をまとめさせていただいた。

経営者や経営幹部は、常に多くの問題解決案件を抱え、きりのない改善活動を繰り返しながら、時には粛々と、時には大変革を、といった具合に、時代と共に変化することを肯定的に捉えなければいけない。

かつてスコアー譜に音符を書いていたアナログ音楽修行時代から、いつの間にかデジタルで音楽を創ってデータでやりとりする時代になった。昔からずっと変化の連続だ。

「Youにこの8分休符の意味が解るか?ウラだよ、ウラ。イカしたリフだろ、このシンコペ!」なんて時代が懐かしい。
わっかるかな~、わっかんねえだろうなあ(笑)
[PR]
by takumi-yamamoto | 2006-06-23 17:41
OKUTAセミナー
b0088872_1814877.jpg

19日はオクタ月例の研修会(OKUTA セミナーと呼んでいる。)だった。今回は省エネリフォームに関する勉強会を、東電さん、コロナさんに来ていただいて行った。セルロース断熱工法により断熱性能が格段に向上してきたので、オール電化による省エネを、ランニングコストの面でも、CO2の削減の面でも、我々は使命感をもって提案していこう!というものだ。


b0088872_18145689.jpg
第二部は、プロアクティブの山口ガッツ社長による「竹布」の説明。
不思議な効果に場内騒然!とくに女子スタッフの反応が凄かった。

何故か怪しい博士と看護婦が乱入??
b0088872_1816197.jpg

おやっ?

ちなみに家内の肩こりが一晩で改善されました、超びっくり!!恐るべし、竹パワー
[PR]
by takumi-yamamoto | 2006-06-20 18:39
T様邸 完工式
船橋市のT様の完工式に行きました。
このお客様は、初めての出会いから1年、着工から9ヶ月(3期工事)という大規模改修工事でしたが、無事完工・お引渡しとなりました。9月の着工式のときは、スタッフもサプライヤーさんたちもやや緊張気味でしたが、今日はみんな家族のような温かい雰囲気でリラックスしていました。

最後のコンセントプレート取り付けは、セレモニーとして、光栄にも私がやらせていただきました。吉田課長ありがと!

b0088872_16152369.jpg
二階多目的ホールの吹き抜けより一階リビングを見る。      この右側が鏡張りの素振りスペース


今回の工事は、3世帯住宅を2世帯にするという工事だったのですが、多目的ホールに野球選手を目指すお子さんたちの素振りスペースがあったり、リビングの真中に二階への吹き抜けを設けて親子のコミュニケーションがとれる工夫をしていたり、機能・デザイン両面からご家族それぞれのスタイルを尊重して設計しました。まさに奥様と松倉デザイナーとの渾身の合作です。


最後に奥様からは、「明日からもうオクタさんや職人さんが誰も来ないのかと思うと、とっても寂しいです。」と言っていただき、お母様からも色々なお話を伺いました。こうやって3世代にも渡る人生の大イベントに関わらせていただけたことに感謝致します。

b0088872_16193183.jpg

お子さんが将来もしドラフトに掛かったら、必ず取材させていただきますよ!
[PR]
by takumi-yamamoto | 2006-06-18 16:33
100万人のキャンドルナイト
b0088872_17123288.jpg

オクタは、100万人のキャンドルナイトに参加します。
各LOHAS studioで明日の夜20:00~22:00の間、灯りを消してみんなで時間を共有します。ローソクだけの灯りで過ごす静かな時。

LOHAS studio近隣の方、お友達を誘ってイベントにご参加ください。

studioのイベントに参加できない方で、
他のイベントに参加する方、
夏至の日に自宅でキャンドルナイトで過ごす方、
皆さんのキャンドルナイトの過ごし方を、掲示板に書き込んでキャンドルナイトを共有しませんか?
皆さんの書き込みをお待ちしてます。

掲示板はこちら↓
http://www.okuta.com/candle-night/project.cgi
[PR]
by takumi-yamamoto | 2006-06-16 17:22
住宅リフォームフェアin埼玉
今日と明日の二日間、埼玉新都心の埼玉スーパーアリーナで、リフォーム産業新聞社主催の「住宅リフォームフェアin埼玉」を開催しています。大手メーカー含めて50社が一堂に会したフェアーですので、たくさんの情報を一度に得ることができる楽しいフェアーです。

例年東京ビッグサイトで開催していたのですが埼玉からは遠すぎるので、今年からin埼玉と題して、スーパーアリーナでの開催となりました。
様々な企業のブースの他、セミナー会場では各専門家によるセミナー、また軽い食事もできますのでご家族連れでお気軽にお出かけください。

b0088872_9365593.jpg

相談コーナーは終日満員
b0088872_9384825.jpg

オクタのブースは、LOHAS Studioの白いシンボルタワーが目印です。周囲に緑をふんだんに配した癒しのスペースの周囲には、施工実例写真を100点展示しています。また仲間の会社として、コンピュータグラフィックソフトの会社、㈱シップ社、「キッチンは買うものではなく創るもの」のオーダーメイドキッチンメーカー、デザインファクトリーさんと隣接して協力体制を取り、より楽しくお話ができるように工夫を凝らしています。

二日間だけの開催ですので、この機会にぜひお立ち寄りください。
また明日は駐車場の混雑が予想されますので、電車でのアクセスをお勧めします。
会場でお会いでればお声を掛けてくださいね。
[PR]
by takumi-yamamoto | 2006-06-03 16:13
温故知新
東京都立小金井公園内にある江戸東京たてもの園を訪れた。ここは江戸・東京の歴史的な建築物を移築保存している野外博物館で、広大な公園内にあるため散歩がてら時々訪れる。歴史あるものは美しいし、その時代背景を想像するととても楽しい。なのでここは色々な撮影などにも使われており、「千と千尋の神隠し」の参考となった銭湯「子宝湯」や、今オンエアー中のNHKの朝連「純情きらり」でも使われた長屋の風情など、時代を感じられる場所である。

自分が最も好きなのは、戦後のモダニズム建築の先駆者、前川國男氏の自邸。

b0088872_1845219.jpg
シンメトリックに配置されたシンプルなデザイン、光の取り方、雨戸や障子がデザイン的に邪魔にならないような工夫の施し方など、戦中の建物とは思えないほどモダンでおしゃれな、憧れの平屋住宅である。


b0088872_18455772.jpg
これは、関東大震災後に主流となった「看板建築」と呼ばれる、ファサードをフラットに仕上げた店舗の作り。
この建物は銅板の細かい張り合わせで装飾模様を施している丸二商店(荒物屋)。この路地の奥で「純情きらり」の撮影は行なわれた。


b0088872_18463763.jpg
これは昭和の時代のはらっぱ。当時のはらっぱには必ず土管があった。ジャイアンやスネオが出てきそうで懐かしい。暗くなるまで遊んだなあ。。。。


この他にも見所満載。しかも公園の空気も最高!
[PR]
by takumi-yamamoto | 2006-06-01 20:17