NPO「環境立国」設立シンポジウム
NPO「環境立国」設立シンポジウムが18日19日の両日に、東大駒場生産技術研究所で開催されました。
「環境立国」は、産学官の各分野の専門家が環境国家日本の人材創出を主な活動とするNPO法人で、ライフスタイル分野において大和田順子氏も理事に選任されて18日にスピーチをされました。


立法や行政はもちろん、経済、産業、農業、ライフスタイルでの産学官の連携なくして、低炭素社会の実現はあり得ませんが、LOHASビジネスやLOHASなライフスタイルの啓蒙が果たす社会的役割の重要性を改めて痛感するとともに、大和田さんが理事に選任されたことを誇りに思います。
我々生活者も一人ひとりが暮らし方を見直して、社会のあり方を変えていくことに参画していく時代なのだと強く思います。


以下【環境立国主旨】

当NPOは、産学官の各分野においてわが国の環境施策を先導してきた人材を集結して設立されました。すべての機関から中立の立場において各種の問題への解決策を提示し、そのプログラムを実行できる人材を育成することを目的としています。
環境技術・環境経済・環境法・国際会議・食と農業・ライフスタイルと環境に関する主要なテーマについて幅広い知見を集め、包括的な環境人材の育成を行うことが可能な、今までに類を見ないタイプのNPO法人を目指しています。当NPOの環境教育プログラムの中から次世代の環境施策・環境ビジネスを担うリーダーが誕生することを確信して、さまざまな活動を推進していく所存です。

【環境立国設立シンポジウム】

日時:2008年7月18日(金)・19日(土)
場所:東京大学駒場生産技術研究所
講演予定:小池百合子氏(衆議院議員)、佐々木元氏(株式会社NEC会長)、環境省・国土交通省・経済産業省・農林水産省各担当者、環境活動NPO理事および当NPO理事

<NPO法人環境立国概要>
【環境立国理事】

当NPOは、環境に関する各分野の専門家によって構成されています。

<理事長>
庄子 幹雄 マサチューセッツ工科大学客員教授・ユタ大学名誉教授
<理事>
大木 浩 全国地球温暖化防止活動推進センター(JCCCA)代表・元環境大臣
山本 良一 東京大学生産技術研究所教授
細田 衛士 慶應義塾大学経済学部教授
北村 喜宣 上智大学大学院法学研究科教授
野村 一正 農林中金総合研究所顧問
大和田 順子 LBA(ロハス・ビジネス・アライアンス)共同代表
柴田 明彦 株式会社A&Y TRUST 0915取締役
鳥越 靖徳 株式会社フィールドノート代表取締役・NPO法人ファン・エデュケーション・ネットワークス代表
<監事>
安積 聰 株式会社ベスタネット代表取締役

【初年度活動予定】

1.環境立国グランドヴィジョン「7エコヴィジョン」発表
2.私塾「環境草莽塾」開講(環境次世代リーダー育成のための私塾)
3.環境ビジネス交流会開催(環境ネットワーク育成)
4.その他環境支援活動(詳細についてはお問い合わせください)


<環境立国設立シンポジウム>

7/18(金)
時間    講義テーマ 講師
9:00~9:15  プレゼンテーション 環境立国事務局
9:15~9:30  環境立国及び環境草莽塾と環境人材育成 庄子幹雄理事長
9:30~10:00 洞爺湖サミットを受けて(仮) 小池百合子氏
10:00~10:30 環境省 環境省担当者
10:30~11:00 国土交通省 国土交通省担当者
11:00~11:30 経済産業省 経済産業省担当者
11:30~12:00 経営と環境について(仮) NEC会長佐々木元氏
13:00~13:45 国際社会と環境問題 大木浩理事
13:45~15:30 環境と経済に関する課題と現状-グリーンキャピタリズムにむけて 細田衛士理事
15:45~17:30 ライフスタイルの変革と持続可能な社会 大和田順子理事

7/19(土)
時間 講義テーマ 講師
9:00~9:30 農林水産省 農林水産省担当者
9:30~11:15 環境法による行動改革戦略 北村喜宣理事
11:15~14:00 農と環境を考える 野村一正理事
14:15~16:45 温暖化地獄からの脱出~低炭素社会実現のためのイノベーション 山本良一理事
17:00~17:30 市民が作る環境日本 崎田裕子氏
17:30~17:40 終わりに 庄子幹雄理事長
[PR]
by Takumi-Yamamoto | 2008-07-20 14:30
<< LOHAS studio錦糸町... 贅沢な休日 >>