住宅創庫は多品種少ロット
OKUTAのデザインの裏で大きな役割を果たしているのが、建材ショップ
「住宅創庫」
です。

設計・デザイン・施工・アフターという設計事務所と工務店が一つになった仕事領域と、メーカー・問屋、ホームセンター、ネット販売などと同様に床材やキッチンを買うという流通領域を完全に分離し、多種多様の建材ニーズに応えられるような体制にしているので、大手が作るリフォームのような画一的な質感ではない、また小規模の工務店さんが作るようなカジュアルカントリー調だけではない、個性的な空間が実現できるのです。
b0088872_18553042.jpg


自然素材施工を行う一般の工事店さんで扱う樹種はせいぜい2種類、しかしOKUTAでは建材自社流通においてタブーとされた、多品種少ロットにあえて挑戦して、ドアも床も他社より豊富なバリエーションを実現しています。
これはお客様から見たときに、2種類のうちどちらかを選んでください!と言われてご満足していただけるとはとても考えにくいからです。

お客様の好みは今や多種多様です。それぞれのお客様が、この世の中でたった一つのご自分のお家を手に入れていただくために、あえて複雑な多品種少ロット調達に挑戦している住宅創庫にぜひご来店してみてください。


こんなに色々なものがあるの?とみなさん驚かれます。
そして、実際のイメージが膨らむようですよ。
[PR]
by Takumi-Yamamoto | 2008-02-18 19:08
<< 『一日限りのアマゾンキャンペーン』 大阪経営セミナーのお知らせ >>