大きいことはいいことか?
かつて高度経済成長を突き進んだ60年代の後半に、ヒゲとメガネとオーバーアクションでお馴染みの山本直純氏が指揮をしながら、

              「大きい~ことはいいことだ~♪」
          と歌った森永エールチョコレートのテレビCM。

b0088872_16431097.jpg


日本はGDP世界第2位になり、世の中はまだまだ拡大成長するぞ!という勢いのあった時代だ。

あれから40余年が過ぎた。


果たして大きいことはいいことなんだろうか?!



オクタの経営方針では、

「我々は、品質・技術・顧客サービス・専門的インテリジェンスの低下を伴う規模の拡大は行わない。」

と謳って価値定義している。
いい会社にしようぜ!とは言うが、大きくしようとは決して言わない。


ちなみに、僕は60年代当時からチョコは「ロッテガーナ派」だった。
           ただデカいだけじゃダメなのよ~、やっぱガーナでしょ。
[PR]
by Takumi-Yamamoto | 2009-04-18 17:03
<< 新社会人の意識調査 14日の2つのニュース >>